「聴く」ことでお客様の心をつかみましょう ~商売繁盛コミュニケーション♪ vol.5~

執筆者:坪内 美樹

更新日:2015年10月23日

「聴く」ことでお客様の心をつかみましょう

コミュニケーションの基本は「自分から一歩前へ」、そして「相手への思いやり(想像力)を持つ」こと。

相手の状況を把握するには、よく見ること、そして何よりよく聴くことです。

相手の言葉に耳を傾ける「傾聴」をさらに深めて、「敬聴」をしてみましょう。その心は、「教えてください」「学ばせてください」。謙虚に話を聴くことで見えてくるものがあり、次の一歩につながります。

さらにコミュニケーション力を発揮するなら、「楽聴(らくちょう)」を取り入れてみましょう。「楽聴」とは、文字通り楽しそうに、興味を持って話を聴くことです。義務感や使命感ではなく、関心を持って話を聴いてもらうと、相手は話しやすくなり、信頼関係も生まれます。

滋賀県大津市の保険代理店『株式会社リニアティ』では、お客様の話を聴くことを何より大切にしています。仕事のこと、家族のこと、時には人生相談になりつつも、穏やかな笑顔で、しっかり聴く姿勢を貫いています。相手の情報と状況を把握したうえで、本当に必要な保険を提案する、いわば保険のホームドクター的存在です。こうした地道な努力が実り、ここ数年の売り上げは2割増しで上昇中です。

楽しむことは、プラスの空気を呼び込みます。「レッツ!楽聴」。話を聴くことの中に、仕事のヒントも見えてきそうです。

合同会社坪内美樹事務所ホームページ

http://www.miki-tsubouchi.jp

この記事の専門家

合同会社坪内美樹事務所
代表

坪内 美樹

神戸大学教育学部卒業。
出版社勤務の後、TV番組リポーター、TV番組制作ブレーンを務める。
笑顔でコミュニケーション♪をテーマとし、『笑顔力と聴く力で地域の元気をアップ!』するため、全国で講演活動を展開中。
商工会・商工会議所の経営指導員の方々を対象とする「小規模事業者支援研修」(全都道府県において実施)のコミュニケーション講座担当講師(平成26年度・27年度)。

得意分野

「笑顔力」と「聴く力」を活かしたコミュニケーション研修

ホテル経営の経験をもとにしたおもてなし研修

知的資産経営

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
ものづくり補助金電子申請 申請内容の確認
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ミラサポコミュニティ
サポートツール
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る