従業員1人ひとりが創造力を発揮するためには 2 ~内発的動機づけ編~

執筆者:風間 一郎

更新日:2017年10月02日

従業員の自律性を引き出す

(1の続き)
 従業員を内発的に動機づけて自律性を引き出すためにはどんなアプローチが有効なのだろうか。
 ここでは一案として「選択権を与える」ということを推奨したい。選択権が与えられたとき、従業員は「上司の意思に服するだけではなく、自らの意思で決定し行動できている」という感覚を持つことができるからだ。特に、
 ・手段
 ・時間
 ・目的
の3つについて、従業員にどれだけ選択権が与えられているかが極めて重要となる。

 「手段」について選択権を与えるというのは、仕事の進め方を本人に任せるということだ。また「時間」は、例えばフレックスタイム制度のように勤務時間に自由裁量の余地を与えるということだ。職務によって向き・不向きはあるが、この2つはどちらも比較的実践しやすいのではないだろうか。

 3つのなかで最も大きな意味を持つのが「目的」だ。そもそも何を目指して何をするのか、タスクを従業員自身に決めさせるということだが、これは他の2つと比べて格段に難しく感じるかもしれない。従業員がただ好き勝手にゴールを設定していては、企業としての目的を達成することなどできない。

 そこで登場するのが、経営理念や経営ビジョンといったものだ。これらは従業員が自ら何かを決定する際の羅針盤となる。従業員が自律的に動くことで高い成果を上げている企業では、経営理念が生きたものとしてしっかり従業員に浸透していることが多い。逆もまた然りであり、もしあなたの会社に経営理念がないのなら、今から経営理念を作り上げることに着手してほしい。経営理念があっても社内に浸透していないなら、明日から浸透させる行動を起こしてほしい。経営者自らが従業員に向けて繰り返し経営理念を語りかけ続けることが大切だ。

 さて、こうした様々な手を尽くしてもやはり一向に従業員は変わる様子を見せない、そんな思いをしてきた経営者も少なくないだろう。なぜ従業員は変わらないのだろうか。次回はその真因について考えてみたい。

従業員1人ひとりが創造力を発揮するためには 3に続く

この記事の専門家

中小企業診断士

風間 一郎

東京理科大学大学院理工学研究科修士課程修了
大手SIerで製造業向けの業務システム開発に従事した後、石油化学系メーカーに転身。情報システム部門で社内の業務プロセス改革や業務IT化戦略立案、システム開発PMなどを担当する。
現在は同社の経理財務部門で資金繰り管理や資産運用などを取り纏める傍ら、中小企業の営業・マーケティング支援や人材マネジメント支援等、中小企業診断士として幅広い領域で活動している。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る