管理業務を整えることが、企業の発展のためには不可欠です

執筆者:藤村 典子

更新日:2013年12月10日

裏方業務「内部管理」も大切に

創業間もない時期は営業活動に夢中で外まわりに精を出し、軌道に乗ってくると納期対応のために商品仕入・発送や製造に全力を注ぐ、その一方で社内体制はルール化されていない…なんて会社を見かけることが多いです。

以前訪問した製造卸の会社では、営業マン(=社長)が価格交渉する際に、相手先ごとで値引額も値引方法も変えてしまい、結果、一つの商品で価格が数十パターンにもなり、経理担当(=奥様)の机の前にはメモがたくさん貼り付けられ、請求ミスを起こしそうで困る、などということもありました。

顧客情報がスピーディーに検索しやすい状態でまとまっている、顧客別の売上、製品カテゴリー別の売上、原材料や製品の在庫状況が即座に分かる…これらの作業はとても大切なことですがなかなかはかどりません。

これら内部管理業務はすぐに「お金」につながらないので、後回しにされそのままになってしまいがちです。これは帳簿だけの問題ではありません。製品の入出荷、在庫の受払、現金管理など実際の作業フローもまちまちとなってそのまま固定化されていき、大切な情報共有がなされずミスを起こすもとになるのです。

創業間もなくの場合は、取引先も取扱いアイテムも少ないので、余裕ができたタイミングで作業に取組めば管理体制は比較的楽に整えられます。しかしそのまま後回しにしていくと…手元にある各種情報が実情からかい離して、修正することが相当困難になってくるのです。

実際、企業の経営改善を支援する時には、企業の事業内容に即して必要な情報を正しく迅速に取得できるよう、内部管理体制を整備していくことから始めていきます。

正しい情報を迅速に得ることができれば、ロスの削減、在庫削減、顧客提案力の向上などさまざまな業務改善につながってきます。裏方業務と軽視せず、自社にとってどのような管理をすべきかを見定めて内部管理を進めてまいりましょう。

この記事の専門家

藤村ビジネスコンサルティング

藤村 典子

神奈川県を中心に活動しています。起業と専門家をつなげるコーディネート業務を中心に、創業支援、事業再生支援など企業を戦略面から応援しております。企業訪問は年間平均150社。

得意分野

創業支援(サービス業、宿泊業)

企業の課題の抽出・整理から改善提案までのプロセス支援を得意としております。

詳しいプロフィール

この専門家と話す

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る