中小企業経営者が知っておきたい銀行とのつきあい方 ~財務内容や業績が悪い企業が銀行に金利引下げをどう交渉するか~ ③

執筆者:川北 英貴

更新日:2014年10月15日

財務内容や業績が悪い企業は低い金利を享受できないのでしょうか。悪い企業が銀行とどう交渉するか、その方法です。

銀行は、融資をしている全ての企業に、信用格付を付けています。信用格付が悪い企業は、銀行としては融資を行っても、最後まで返済されない可能性が高くなります。そのような企業に対し銀行はそのリスク分、多くの利息をもらわなければなりません。「なぜ銀行は、業績が悪い会社ほど金利を高くするんだ。」という批判は聞こえてきますが、理屈を考えるとやむをえないことなのです。

例えば1年以内に倒産する確率が1%の会社100社へ、1社1億円、合計100億円の融資を行った場合、銀行は2%の金利で融資をすれば、もし確率どおりに100社のうち1%、1社が倒産した場合、1億円の損失を、銀行は2億円の利息収入でカバーできることになります。万が一貸倒れになった場合も見越して、銀行は金利を決めているのです。

なお企業と銀行との取引は、融資だけではなく、預金、振込や外国為替などの手数料、役員従業員取引、銀行関係会社との取引などもあり、それら融資以外の取引により銀行が収益を得られていれば、信用格付が悪い企業でも銀行は金利を低めにしてくれることもあります。また担保や信用保証協会保証などの保全手段がある場合も、貸倒れリスクは小さくなるため同様です。

ただし基本的に、信用格付が悪い企業へは銀行は高い金利を設定したがります。業績が悪くなった時や、銀行にてリスケジュール、つまり毎月の返済の減額・猶予を行った時などに、銀行から金利の引上げを要求された企業は多いでしょう。

そのような企業が、それでも金利を引き下げたければ、経営改善計画書を作成し、その中の経費削減計画の中で銀行にも金利の引下げという形で協力してもらいたい、と強調することです。なんとか協力してほしい、と銀行に頼みこむ姿勢が、財務内容や業績が悪い企業の金利引下げ策です。


(株)フィナンシャル・インスティチュート 公式サイト

http://www.financial-i.co.jp/

この記事の専門家

株式会社フィナンシャル・インスティチュート
代表取締役

川北 英貴

大垣共立銀行入行、法人営業部にて融資業務を手がける。「こうすれば銀行と良好な関係を築いて資金繰りがラクになるのに」という思いから、同行退職後に起業。全国の中小企業向けに事業再生、資金繰りコンサルティングを行う。

詳しいプロフィール

この専門家と話す

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
創業・事業承継補助金 電子申請
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る