「コミュニケーションの力」で商いを広げましょう ~商売繁盛コミュニケーション♪ vol.12~

執筆者:坪内 美樹

更新日:2016年02月05日

「コミュニケーションの力」で商いを広げましょう

商売は、お客様があってこそ成り立ち、支えてくれる仕入れ先や外注先、様々な人の力が合わさって広がります。業種は違っても共通するのは、「コミュニケーション力が求められる」こと。

淡路島・由良港(兵庫県洲本市)で水産加工業を営む『武田食品冷凍株式会社』は、今まで誰も目を向けなかった天然わかめを商品化することで、新たな販路を開きました。
先代から受け継がれている「仕入先を大切にする」「自分だけが儲けない」「同業者と仲良くする」の3つの教え。そこに「地域を元気にしたい」との思いが加わり、『淡路職人の極み 天然わかめ』が商品化されました。味の良さが評判となり、全国に広がり始めています。

最初はわずか3人で始めたわかめ漁も、今では30人を超える漁師が参加するようになりました。わかめ漁は、漁の少ない時期の漁師たちの収入源となり、海の環境を守ると共に、地域の活性化にも役立っています。熱意が伝わり、地元の漁協も動き出しました。

繁盛するとは、儲けるだけではなく、事業を持続していく力のあること。言い換えれば、事業を続けてほしいとお客様から望まれること。コミュニケーションを大事にし、お客様や地域に役立ち愛される商売をすることが、結果的には「繁盛」につながると強く感じます。

全国の小規模事業者の方々と、その方々を支える指導員の皆様に大きなエールを贈り、このコラムのまとめとします。

お読みいただき、ありがとうございました。

合同会社坪内美樹事務所ホームページ

http://www.miki-tsubouchi.jp

この記事の専門家

合同会社坪内美樹事務所
代表

坪内 美樹

神戸大学教育学部卒業。
出版社勤務の後、TV番組リポーター、TV番組制作ブレーンを務める。
笑顔でコミュニケーション♪をテーマとし、『笑顔力と聴く力で地域の元気をアップ!』するため、全国で講演活動を展開中。
商工会・商工会議所の経営指導員の方々を対象とする「小規模事業者支援研修」(全都道府県において実施)のコミュニケーション講座担当講師(平成26年度・27年度)。

得意分野

「笑顔力」と「聴く力」を活かしたコミュニケーション研修

ホテル経営の経験をもとにしたおもてなし研修

知的資産経営

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る