中期のループに様々なメリット ~組織と従業員のWinWinを目指して vol.1~

執筆者:栗林 裕也

更新日:2016年10月31日

中期のループに様々なメリット

中期のループに様々なメリット

 交渉の達人として商社の業界で一目置かれる人物に話を伺う機会があった。いわく、多くの人は自分の利を先に考えて相手に譲歩させることを交渉だと考える。
 交渉の極意たるはむしろその逆で、相手を利する複数の方法を先に考え、そこから自分の利に重なるものを提案していく。その結果、相手も自分もWin-Winとなるそうだ。
 人材マネジメントが上手だと感心させられる企業は、この考え方に通じる哲学をもって施策を展開しているように感ずる。
 組織のビジョンや目標を達成するにあたり、経営側の論理だけで押し通そうとするのではなく、組織を構成するメンバーの願望や意思に配慮するなど従業員側の論理も尊重している。
 なぜ、そのような人材マネジメントが上手くいくのだろうか。それは端的に言えば、従業員がWinになる過程を通じて組織もWinになるからだ。
 これは図示したループで捉えると分かりやすい。Win-Winの状態とは従業員のループが上手く回転し、組織の成果に結びついている状態である。ループを回転させる主体はあくまで本人であり、組織は様々な施策を通じてループの回転を支援する。

(vol.2に続く)

この記事の専門家

公益財団法人 日本生産性本部 人材開発コンサルタント/キャリアコンサルタント

栗林 裕也

早稲田大学政治経済学部卒業後、民間企業を経て公益財団法人日本生産性本部に入職
動画やアセスメントツールを活用しながら受講生の「気づき」を促し、「行動変容」につなげる研修スタイルに定評があり、多くの継続クライエントを持つ。 主な著書に、「生産性革新と社会経済の未来」(生産性労働情報センター・共著)。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
創業・事業承継補助金 電子申請
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る