補助金・助成金の申請のポイント 3 ~書類の点検編~

執筆者:兵藤 徹

更新日:2018年03月26日

慎重なチェックと早めの申請

(2の続き)
 補助金・助成金を受ける事業計画の内容は、分かりやすく書くことが必要である。
 審査員は、基本的には事業計画書などの書面を読んで点数を付けていく事になるが、すべての審査員が必ずしも貴社の事業について詳しく知っているわけではない。違う分野の専門家であることも考えられることから、誰が読んでも分かるような事業計画書を書き上げる必要がある。

 業界では当たり前のことでも、審査員にとってはそうでない場合も多い。申請書の提出前には、誰かに読んでもらって、分かりやすい内容になっているかを確認することをお勧めする。
 専門的な言い回しではなく、一般的な言い方に変える、用語解説を付け加えるなど、誰にでも理解してもらえるような工夫をすることで、読んで理解のできる事業計画書を作るのである。

 また、補助金・助成金の申請には、申請書や事業計画書だけでなく、様々な書類を添付しなければならない。ものづくり補助金の場合は、認定支援機関による確認書なども必要になる。公募期間中に、これらの書類をすべて揃えて提出することになる。

 事務局によっては、必要書類の不備や誤りがあったときに訂正を求められる場合もあるが、ほとんどの場合、このようなことすらなく書類不備で審査対象から外されてしまう。うっかりミスをしてしまうと、土俵にも上がれないことになってしまうのだ。
 少なくとも、締め切り後には必要書類の補充や修正はできないことから、締め切り間際に提出した場合は、たとえ事務局から書類不備の連絡があっても、対応が間に合わない場合も出てくる。
 つまり、補助金の申請は、必要書類などを慎重にチェックした上で、なおかつ締め切りよりも早めに余裕を持って提出することが必要なのである。締め切り間際に提出することのメリットは無いと言ってもいい。

 補助金・助成金を活用することは、事業をより一層強いものにしていくチャンスだ。また、申請書類の作成は、自社の事業を見直すきっかけにもなる。ポイントを押さえた申請を行い、補助金・助成金を獲得して、強い会社を目指そう。

この記事の専門家

兵藤 徹

中小企業診断士、1級販売士、日本政策金融公庫農業経営アドバイザー・水産業経営アドバイザー試験合格者、食の6次産業化プロデューサーLevel3

地方公務員として、固定資産税賦課などの税務業務ほかに従事。中小企業診断士として独立後は、補助金の申請援助、ものづくり補助金事業者のフォローなどを行っている。事業性評価、知財などにも詳しい。ソムリエ、唎酒師、チーズプロフェッショナルといった食の資格も持ち、飲食業や農林水産業の支援も行う。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る