会議の時間短縮と質を高めるためのファシリテーションのポイント 2 ~概要理解編~

執筆者:秋田 和洋

更新日:2018年03月23日

リーダーシップのコアスキルにもなる

(1の続き)
 ファシリテーションとは何か?この問いに多くの方は「会議を進行するためのスキル」と答えるのではないだろうか。そして、「働き方改革」について議論をする際、しばしばこの「会議」の改善、効率化がテーマになることがあり、例えば以下のような対策が論じられる。

・会議の開始/終了時間を守る
・無駄な会議を削減する
・遠隔地からも会議に参加できるwebツールを導入する(移動時間を削減する)

 実際、上述のような対策で会議時間および業務時間そのものの削減に着手する企業が増えている。しかし、上述の対策は量的側面における解決にはなっているかもしれないが、質的側面の解決には寄与しない。そこでファシリテーションの技術向上をセットで行うことが重要になってくる。
 では、質的側面が改善された会議とはどのようなものだろうか。以下に一例を挙げる。

・出席者が活発に発言している
・会議の目的(結論を出す/アイデアをより多く出す等)に沿って進行している
・個人では出せなかったより良い結論が出ている
・終了時に出席者全員が課題解決に向けて同じ方向を向いている

 このような会議を実現するために必要となるのがファシリテーションである。ファシリテーターは、到達すべきゴールを示し、出席者の思考・発言がそのゴールを目指すように促す。そして、会議で決定された結論を実行して、何らかの課題解決に向けて導いていければ、ファシリテーションは、単なる会議進行術だけにとどまらない、組織・個人を課題解決に導くリーダーシップのコアスキルにもなるのである。
 また、ファシリテーションは、一方的な説得によってとるべき行動を強要するのではなく、出席者が納得し、自発的に動き出す状態を目指す。つまりは、出席者の考えをうまく引き出し、合意を得ていくことが求められる。そのためには、効果的に問いかけることが肝になるのである。
 次回からは、会議においてファシリテーションを実践していくために必要なポイントを紹介する。

会議の時間短縮と質を高めるためのファシリテーションのポイント 3に続く

この記事の専門家

中小企業診断士

秋田 和洋

横浜国立大学教育人間科学部 卒業

株式会社ウィル・シードにて大手企業を中心に主に新入社員や若手社員向けの教育施策のコンサルティングに従事。2016年4月、中小企業診断士登録。現在はこれまでの経験と資格を活かし、グローバルコンサルティングファームにて企画・人事・経理といったコーポレート機能全般を担う。幅広い守備範囲で経営層の意思決定をサポートしている。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る