会計情報の内容や使い方を工夫し、経営に活かす! 1 ~比較検討編~

執筆者:佐藤 昭一

更新日:2018年11月02日

会計情報は比較して、理解を深める

 あるベンチャー企業が月次経営会議で使用している資料を拝見したことがある。そこには会社の月次の数字が羅列してあり、売上高や人件費、広告費などの数字に加えて新規契約数やリピート顧客数など、損益情報以外の会計情報も記載してあった。実は、それらの情報は会社の売上増加の原因などを分析するために集めた情報であり、当該企業は、毎月の月次経営会議で会社が成長しているかどうかや、成長のスピードが遅くなっていないかなどを確認するようにしていた。

 ある程度の規模の会社になると、複数人で会社の状況を確認する経営会議を行っていると思う。1人社長の会社であっても、1人で会社の状況を確認していると思う。その際に必ず手元にあるのが会計情報である。数字に弱いと言われる社長であっても、経営会議では数字を基に議論をする。そこで今回は、経営者向けに会計情報を使いこなすコツをお伝えしたいと思う。本稿では、会計情報で一番大事な「売上」を用いて会計情報を使いこなすコツをお伝えする。

 まず紹介するのは、どの経営者も意識せずに行っていることである。それは、売上を比較することである。例えば、前月と当月の売上を比較することで、売上の増減具合を理解することができる。売上には基準となる数字がないので、比較をしないと数字の評価ができないのだ。これは他の会計情報にも言えることであり、数字は比較してみると自社の傾向が理解できる。
 比較の対象軸は、時間帯別売上や日次売上、週次、月次、年次などさまざまである。時と場合に応じて、時間軸を選ぶ必要があり、並べて見るだけで数字がわかりやすくなる。また、売上だけでなく経費も時間軸で並べてみると、特定月だけ経費が多くなるなど、増加傾向など理解できることがある。

 このように、会計情報は比較して読むことで理解を深めることができるので、意識して比較していただきたい。

【損益情報以外の数字を使いこなし、売上変動の原因をさらに深掘り】に続く

この記事の専門家

佐藤 昭一

税理士。明治学院大学経済学部卒。
大学在学中からダブルスクールで税理士試験に挑戦し、卒業後は試験勉強と税理士事務所での仕事を両立させる。税理士事務所での仕事と並行してリサイクルショップを経営していたこともある。2つのことを同時並行させるために実践していたITを駆使した業務効率化、リサイクルショップ起業の経験を活かした経営支援を得意としている。最近は、体を動かすことに目覚めスポーツと仕事を同時並行させている。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
ビジログ
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る