工夫を凝らして売上アップ!展示会のトリセツ 1 ~重要なタスク編~

執筆者:渡邉 奈月

更新日:2019年03月19日

目的達成につながるタスクを実施

 初めての展示会出展。各展示ブースは販路開拓のために趣向を凝らしているだろう。ただ、趣向を凝らしているといっても製品や説明資料を持ってブースに立っているだけでは、誰も立ち寄ってくれない…といった事態になりかねない。

 では、売上につなげるためには何をすれば良いのだろうか。本稿では、初めて出展する経営者や展示会責任者などの読者に向けて、実施すべき具体的なタスク(作業)を解説する。

 ポイントとしては、目的に焦点を当てることだ。例えば、一言で「販路開拓」といっても、成果を得るまでにさまざまなアプローチがある。展示会の目的を1~2つに定め、重要なタスクに集中しよう。
 自社の課題に応じて展示会の目的を以下のように定めた場合、目的ごとに重要となるタスクを述べる。

【目的1】新製品・新戦略の広報
 展示会では記者が情報収集に訪れている。展示会に合わせて報道発表を行うと効果的だ。
 重要なタスク:報道発表(プレスリリース、ホームページ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など)の準備、問い合わせ対応の手順化、報道発表内容の調整

【目的2】認知向上
 潜在顧客が訪れる展示会に出展を複数回続けると、「◯◯(製品・サービス)といえば▲▲(社名)」などと想起されやすくなる。また、中小企業のブースは同業他社に埋もれがちなため、ブース自体の魅力度を高め、他社との違いを際立たせよう。
 重要なタスク:コンセプトの決定、コンセプトに沿った装飾や掲示の準備、「客寄せ」や拡散されやすくなるための工夫の検討

【目的3】興味を深めてもらう
 動画やデモ、体験、試食、試飲など、自社の製品やサービスの一番の魅力が、印象的に伝わる方法をブースで展開しよう。
 重要なタスク:ブース内の展示(例:パネル、チラシ、説明ツール、動画、試飲・試食・体験)、セミナーの企画、説明マニュアルの準備

【目的4】商談の案件化・クロージング
 展示会は顧客が情報収集に訪れる場だ。多忙な顧客にも「ついでにお立ち寄りください」と面談機会を設けやすい。
 重要なタスク:商談のスケジューリング、商談ブースや申込書の準備、見込み顧客向けの特別なノベルティの手配

【目的5】製品・サービスのニーズ収集
 試作品やサービスを体感してもらうことで市場調査ができる。定量的な把握のために雛形を準備すると良い。
 重要なタスク:ヒアリングシートの準備、体験の段取り決め、協力への動機づけ(例:ノベルティ)の手配

 以上を参考に、タスクリストを作成し、重要なものは確実に実行に移したい。

【自社ブースへの誘導に効果的な、展示会会期中の工夫とは!】に続く

この記事の専門家

中小企業診断士・情報処理技術者(システム監査技術者、上級シスアド、情報セキュアド)

渡邉 奈月

通信事業者のマーケティング担当者、プロダクト・マネージャーを経て財務分析業務に従事。最前線でのWebマーケティングの知見を活かし、小規模事業者のマーケティング戦略から制作までワンストップで支援。

得意分野

マーケティング戦略策定

ホームページ作成支援

イベント出展支援

効果測定・データ分析

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
ものづくり補助金 電子申請について
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
軽減税率対策補助金
商店街観光インバウンド補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る