工夫を凝らして売上アップ!展示会のトリセツ 2 ~ブースへの誘導編~

執筆者:渡邉 奈月

更新日:2019年03月19日

ブースに訪れるメリットを訴求

(1の続き)
 新製品の広報や認知向上、興味促進(前回の目的1~3)を出展の目的に定めた場合、展示会を売上につなげるためには自社を知らない多くの人にブースに来訪してもらうことが重要だ。来訪を増やすための手を打たないと、趣向を凝らした他のブースに埋もれてしまう。本稿では、来場者をブースに誘導するために効果的なタスクを紹介する。

(1)自社を知ってもらう
 事前に回るブースを決めてくる来場者もいるため、自社ブースに来てもらえるよう優先度を上げてもらうことが重要だ。「◯◯を特別に体験」や「世界初の◯◯の仕組みを、研究者自ら解説」、「本日報道発表した◯◯を公開」など、来場者にとっておトクだ、楽しそうだ、と思われる内容を文章や写真で表現し、来場者が見る展示会全体のサイト、自社のホームページ、メールマガジン、DM(ダイレクトメール)、SNSなどで周知しよう。SNSでは事前準備や当日の様子を写真とハッシュタグをつけて発信すると、多くの人に見てもらえる。

(2)自社ブースまで誘導する
 ブースまでの道のりに沿って、幾度となく自社の存在をリマインドしよう。最寄り駅から会場までの間、特に敷地内を中心に、広告掲示やチラシ配りなどができる場合もあるので、展示会運営会社の担当者にそのような事例がないか聞いてみると良い。会場入口では、多くの来場者が展示会全体のパンフレットを手にするので、それには魅力的なキャッチコピーや写真を掲載しよう。チラシを置ける場合は、来場者にとって何がおトクなのかブース自体の魅力を訴求する。
 また、展示会運営会社が講演やセミナーを企画している場合には、積極的に登壇してブースを紹介することも効果がある。ブース内での自社セミナーを開催することも、情報収集目的の来場者が足を運んでくれる可能性があり、実施を検討したい。

(3)自社の印象を高める被写体を用意する
 ブースでの満足度を高めることは自社に良い印象を与えるだけでなく、SNSや口コミを通じて更なるブース来訪者につながる。拡散のためのキャッチーな被写体を用意しよう。特徴的な製品やサービスがあれば積極的に展示し、「これが世界の◯◯!」などPOP広告を添えてみるのも良い。職人作業の実演などは、ショー要素があり拡散の対象となりうる。

 初めての展示会出展では、製品やサービスの訴求に目が向きがちだが、ブースに訪れるメリットこそが来訪動機になる。事前に他の展示会に足を運ぶなどして、魅力的なブースとは何かなどを検討するとともに出展責任者自身がぶれない考えを持つことが重要である。

【展示会終了後の対応が重要!事後フォローをきちんと行い結果につなげよう!】に続く

この記事の専門家

中小企業診断士・情報処理技術者(システム監査技術者、上級シスアド、情報セキュアド)

渡邉 奈月

通信事業者のマーケティング担当者、プロダクト・マネージャーを経て財務分析業務に従事。最前線でのWebマーケティングの知見を活かし、小規模事業者のマーケティング戦略から制作までワンストップで支援。

得意分野

マーケティング戦略策定

ホームページ作成支援

イベント出展支援

効果測定・データ分析

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
軽減税率対策補助金
商店街観光インバウンド補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
ミラサポ活用術
ページトップに戻る