従業員の不正を防ぎ、企業の信頼性を守るための心得 3 ~3つの対策編~

執筆者:南 肇之

更新日:2018年10月17日

経営者自らが行動することが有効

(2の続き)
 前稿では、「不正の芽」が会社の損失を引き起こしかねないことを述べたが、本稿では、中小企業の経営者が考えたい「不正の芽」対策について説明したい。

 「不正の芽」対策、つまり金銭の詐取や不正流用などの、明確な不正を未然に防止する対策は、前稿でも述べた不正がおこる3つの側面(不正発生の「動機」「機会」「正当化」)から考えるべきである。特に、従業員が多くない中小企業の場合は、何よりも「機会」の対策を優先すべきである。以下に詳述する。

 不正が起こり得る「機会」を解消するために、一般的には社内規則の取り決めおよび履行という対策がある。確かに、規則を設定し遵守させることは、前提条件であり必要不可欠である。ただし、規則を遵守させるには労力がかかるとともに、規則では対処できないような事象が発生したときに機能がストップするということにもなりかねない。これでは、本来の目的達成のために最も効果的なものとはいえないであろう。

 企業内の統制を考えたとき、小規模な企業ほど経営者の目は行き届くものである。経営者の考え方や行動次第で会社の意識は変わる。前稿で、「企業内での暗黙の慣行が不正の芽となり、コンプライアンス意識の欠如を正当化してしまう」と述べたが、経営者自身が企業内の環境に敏感に反応し対処することこそ、最も効果的な不正発生の機会を解消する行動である。

 具体的には、第一に、経営者自身が不正を正す意識を持つことが重要である。第二に、社内で決して不正を発生させないという決意を持つこと。第三に、トップダウン方式で継続的にアナウンスし続けることである。時には経営者自らが、業務報告書や領収書などの抜き打ちチェックを行うことも有効である。

 以上のように、経営トップ自らが不正の発生に対峙する姿勢を明示し行動に表すことで、従業員による不正の関与という可能性(機会)を減少させることができる。つまり従業員を守ることにつながるのである。これは容易に見えることかもしれないが、継続して実施することが重要なのである。まさに、これこそが企業の安定的な継続をもたらすものといえるのではないだろうか。
 中小企業においても、「不正」は身近な出来事である。少しでも参考になることがあれば、すぐに着手し実行してほしい。

この記事の専門家

中小企業診断士、公認不正検査士(CFE)

南 肇之

大学卒業後、製造業をスタートに、建設・小売・物流業にて、一貫して経営企画管理、経理、事業管理に従事。また、BPR推進や対外的にはM&Aや事業再編にも携わる。現在、これら経験を活かし、経営の監査を行う。

得意分野

経営企画・管理、予算実績統制

BPR推進、リスクマネジメント

M&A、事業再編

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
軽減税率対策補助金
商店街観光インバウンド補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
ミラサポ活用術
ページトップに戻る