中途入社者を早期に戦力化させる方法 1 ~悩みの段階編~

執筆者:水戸 脩平

更新日:2019年01月16日

ステージごとに異なる不安と悩み

 中小企業の人材採用は困難さを増す一方で、ようやく採用できた中途入社者が会社に定着しないケースも存在する。
 中途入社者が定着しないケースが生じる理由として、中途入社者が抱える不安や悩みを転職先の会社がサポートできていないことも原因となり得る。中途入社者はスキルの高い人でも、転職直後は不安や悩みを抱えていることが多い。
 それでは、中途入社者はどのような不安や悩みを抱えているのだろうか。大きく分けて以下の3つのステージが存在し、ステージごとに不安や悩みが異なる。

(1)入社直後
 中途入社者は、前職の企業文化や組織風土に適応してきたため、「朝礼がある」「成果が給料に大きく反映される」など、転職先では当たり前のことでも、中途入社者にとっては不安要素になり得ることがある。
 また、心を許せる人が少ない、慣れない環境の中で直ちに適応し、結果を出さなければならない。中途入社者は入社直後にこのような「孤独感」を感じているものである。

(2)入社3カ月後
 企業文化や組織風土に慣れてきた入社3カ月後頃から、今度は転職先での仕事のやり方、進め方に悩みを持ち始める。
 例えば、社内の独自用語は社歴の長い社員には当たり前のことでも、中途入社者にとっては初めて聞く言葉で、その意味を理解する必要が生じる。また、前職と同職種、例えば営業の場合でも、顧客の業種や商品、社内で使われるシステムなどが異なるということに慣れなければならない。
 仕事のやり方、進め方に悩みを持っている間は、結果を出せずに苦しむ可能性が高い。結果を期待されて入社する中途入社者は、この時期から「焦燥感」を持ち始めることになる。

(3)入社半年後
 会社文化や組織風土、仕事のやり方や進め方への悩みや、「孤独感」「焦燥感」を解消できないままだと、入社半年後を迎えた頃から「今の仕事が将来につながる感じがしない」「成長の実感がない」ことで将来への不安と現状への不満が生じる。
 中途入社者は成長意欲が高い人が多いため、なりたい自分と現実の自分との間にギャップを感じ、その状況が続いた場合、短期間で退職するケースが生じてしまう。

【中途入社者が悩みを打ち明けやすい職場とは?】に続く

この記事の専門家

中小企業診断士・融資コンサルタント

水戸 脩平

早稲田大学卒業後、金融機関(コンサルティング)、ITベンダー(経理・営業)を経て、広告会社で経営管理・組織活性化に従事。2012年中小企業診断士合格後、資金調達支援(融資・補助金等)および創業・起業支援を中心に活動中。

得意分野

資金調達支援

創業・起業支援

事業計画書作成支援

組織活性化支援(人材育成等)

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
軽減税率対策補助金
商店街観光インバウンド補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
ミラサポ活用術
ページトップに戻る