中途入社者を早期に戦力化させる方法 2 ~環境の整備編~

執筆者:水戸 脩平

更新日:2019年01月16日

前職の経験やスキルを発揮させる

(1の続き)
 中途入社者の悩みや「孤独感」「焦燥感」を払拭し、中途入社者を早期に戦力化させるためには、入社直後の対応が重要になる。
 そのためには、まず中途入社者が自己開示(自分自身の情報を、ありのままに伝えること)をしやすい環境を整える必要がある。中途入社者が自己開示をするためには、心理的安全性が高い職場環境が不可欠となる。心理的安全性とは、「組織の中で、メンバーが自分の考えや感情を安心して発信できる状態」のことである。

 中途入社者にとって転職先となる社長や上司に当たる人は、中途入社者に向き合い、その経験や人生観、人柄を理解し、受け入れる必要がある。そのためには、心理的安全性の高い職場づくりを日頃から心がけなければならない。いわゆる「飲みニケーション」に限らず、社員との会話の機会を常に持ち続けることが大切となる。
 一方で、中途入社者の中には、社長や上司に対して本音を話しにくいと感じる人もいる。そこで中途入社者と経歴や担当業務が近い、少し年上で社歴の長い社員をメンター(助言者)として付け、定期的に面談を行う「メンター制度」を実施している会社も存在する。

 さらに、中途入社者が「自己効力感」を持てるかということも、早期に戦力化できるかどうかを左右する。中途入社者は前職での経験や高いスキルが評価され、採用されていることが多い。しかし、入社直後は慣れない環境に身を置いているため、すぐには結果が出せず、自己効力感を持ちにくい状況になりがちである。
 そのため、前職の経験やスキルを発揮しやすい仕事を提供することや、社内勉強会などを通じて、経験やスキルを伝授する場を作ることが必要である。中途入社者が実力を発揮できる場を整えることによって、「新しい環境で働けている」「役に立てている」と実感が持てるようになる。

 上述のような、心理的安全性の高い環境を築き、中途入社者が自己効力感を持てるようにすることは地道な取組である。中途入社者の不安や悩みを知り、向き合うことにより、中途入社者をスムーズに戦力化し、定着率を高めることにつながる。

【具体的な対応方法を、企業の取組事例とともに紹介!】に続く

この記事の専門家

中小企業診断士・融資コンサルタント

水戸 脩平

早稲田大学卒業後、金融機関(コンサルティング)、ITベンダー(経理・営業)を経て、広告会社で経営管理・組織活性化に従事。2012年中小企業診断士合格後、資金調達支援(融資・補助金等)および創業・起業支援を中心に活動中。

得意分野

資金調達支援

創業・起業支援

事業計画書作成支援

組織活性化支援(人材育成等)

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
軽減税率対策補助金
商店街観光インバウンド補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
ミラサポ活用術
ページトップに戻る