中途採用に苦戦している企業が見直すべき3つのポイント 3 ~選考の改善編~

執筆者:前村 知夏

更新日:2019年03月15日

「スピード感」があり「印象の良い」面接

(2の続き)
 人材募集に当たり見直したいポイントについて、本稿では「(3)選考対応の強化」について解説する。選考を見直すポイントとしては、a)スピード感、b)印象の良い対応の2つが挙げられる。以下にそれぞれ説明する。

a)スピード感
 中途採用の選考プロセスとして、「書類選考→面接→内定」という流れが一般的である。この間に適正検査などを行う場合もあり、面接回数も企業によって異なるが、「本当にそのプロセスは必要か」という視点で見直していただきたい。
 現在は「就職売り手市場」であるため、複数社に同時に応募している求職者は多い。応募したタイミングでは志望意欲は高いが、他社の選考を受けるうちに意欲が下がる可能性が高く、他社の内定を得た段階で転職活動をストップする求職者もいるだろう。そのため、「いかに応募から内定までの時間を短くできるか」というスピード感が非常に重要である。

 例えば書類選考は、「経験」や「過去の実績」を必須の採用基準としている場合は必要だが、経験よりも「人物タイプ」を重視する場合、書類選考は省いても問題ないだろう。また、面接についても一次面接を人事担当者、二次面接を所属部門長、最終面接を社長、などと日程を分けている企業は、「すべて同日に行う」「社長面接のみに絞る」などの方法を検討いただきたい。
 いずれの場合も、その採用基準に応じて「その選考プロセスでは何を目的にするのか」「本当に必要か」という視点で見直すことがポイントである。

b)印象の良い対応
 「就職売り手市場」の中で求職者から選ばれるためには、「いかに自社を知ってもらい、働きたいと思ってもらえるか」というスタンスに立つことが大切である。改善したいことを以下に具体的に紹介する。
ア)面接の初めに会社説明を行うとよい
 面接でいきなり「志望動機」を聞くのはお勧めしない。「応募してきているのだから、志望動機がしっかりあるのは当たり前」と思う人も多いかもしれないが、公開している情報だけでは、転職者が十分に会社を理解できないのではないだろうか。募集しているポジションの背景や今後の事業展開、業務の詳細や評価制度、同じ部署で一緒に働く従業員などについての具体的な情報は、志望動機につながる可能性が高いものの、公開していない情報が多いと思われる。

 そのため、面接の初めにまず、これらを含めた自社の情報をしっかりと伝えることで、応募者による会社と募集ポジションへの理解が深まり、雇用のミスマッチを防ぐことにもつながる。

イ)印象の良い面接を心がける
 面接時の応対についても、心掛けるべき点がある。「月刊『人事のミカタ』」(エン・ジャパン株式会社)に掲載のアンケート結果によると、面接で「この会社には入社したくないと思った」理由の第1位(73.6%)は、「面接官の人柄・印象が悪かった」であった。
 威圧的な対応や、個人情報に関わる質問、応募書類を読んでいない質問など、応募者に悪い印象を与える応対をしてはならない。気持ちの良い挨拶や笑顔、丁寧な説明、応募者の話を丁寧に聞くなど、応募者に良い印象を与えるよう心掛ける必要がある。

この記事の専門家

中小企業診断士

前村 知夏

1989年宮崎県生まれ。鹿児島大学理学部卒業後、大手人材サービス会社に入社。求人メディアの営業担当として約300社の中小企業を担当し、人材採用支援に従事。現在、中小企業診断士として独立開業し、BtoC業種の経営コンサルティングや事業再生などで幅広く活動。

得意分野

中途採用支援

人材の定着・育成支援

BtoC業種の経営コンサルティング

事業再生における事業デューデリジェンス

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
ものづくり補助金 電子申請について
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
軽減税率対策補助金
受動喫煙防止対策補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
ミラサポ活用術
ページトップに戻る