ビジネス心理学の勘所 vol.10 ~若者のやる気を刺激するには 02~

執筆者:榎本 博明

更新日:2019年10月31日

(vol.9のつづき)

成長を実感させる声がけ

まだ職場や仕事に慣れない頃、上司や先輩が気にかけ声を掛けてくれたりすると、とても心強いものです。

私は、欧米の文化を「自己中心の文化」、日本の文化を「間柄の文化」と特徴づけていますが、私たち日本人にとっては、上司や先輩との関係性がやる気を左右する重要な要因となります。上司や先輩が「見てくれている」「気にかけてくれている」と感じることができると、やる気が一気に高まります。ゆえに、積極的に声がけをすることは、若手のやる気を刺激するのにとても有効と言えます。

そこに成長欲求の充足も掛け合わせれば効果は絶大です。
①や②を実感させるため、ミスが少なくなったこと、上司や先輩のサポートなしでもできるようになったこと、能率良くこなせるようになったことなどを伝える声がけをする。
③を実感させるために、これまで上司や先輩に相談していた難題やトラブルにも自力で対処できるようになったことに目を向けさせる声がけをする。
④を実感させるために、何らかの成果を出したときには労をねぎらうとともに、仕事のやり方をほめる声がけをする。
⑤を実感させるために、本人の創意工夫に任せる部分を増やして裁量権を与えるとともに、期待を示す声がけをする。

人は気持ちで動きます。声がけしだいでやる気は大きく左右されるということを覚えておきましょう。

(ビジネス心理学の勘所 vol.11へつづく)

この記事の専門家

MP人間科学研究所代表

榎本博明

心理学博士。東京大学教育心理学科卒。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授等を経て現在、MP人間科学研究所代表。心理学をベースにした企業研修や教育講演を行う。『仕事で使える心理学』『モチベーションの新法則』『ビジネス心理学100本ノック』『心を強くするストレスマネジメント』以上、日経文庫、『「おもてなし」という残酷社会』平凡社新書、『「やりたい仕事」病』日経プレミアシリーズなど多数。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
軽減税率対策補助金
受動喫煙防止対策補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
ミラサポ活用術
ページトップに戻る