人生を変える時間管理術 vol.1 ~時代にあった「時間の使い方」を~

執筆者:山本 憲明

更新日:2020年02月13日

時間の使い方で人生が変わる

「人生を変えたい!」と思っている人は多いでしょう。私も常々そう思っていますし、これまでもそのために色々なことをやってきました。大した人間ではありませんが、人生を変えたいと思いながら行動していくうちに、ある程度は自分が思う方向に人生が変わってきました。
人生を変えるためにやったことで大きな効果をもたらしてくれたのは、「計画を立て、実行していくこと」と「時間の使い方を変えること」の二つです。
今回はその二つのうち、「時間の使い方」について詳しく話していきましょう。

変化の激しい時代になりました。そんな時代において、幸せに楽しく生き抜いていくために必要なのは、「時代に対応し、自分の生き方も変えていくこと」です。何事も、昔の価値観を引きずるより、変化させていった方が生きやすくなります。時間の使い方についても、時代に合わせて変化させていきたいものです。そういう意味では、これからの時代に合った「時間の使い方」を考えればいいということになります。
答えから言うとそれは、「やりたいことだけをやって時間を使う」ということではないかと私は考えています。

やりたいことだけやると言ってももちろん、好き勝手にルールを破って自分が好きなことをやっていくということではありません。自分が今後やっていきたいと決めたことを、人に迷惑をかけず丹念にやっていくということです。

これから、時代の変化するスピードはどんどん速くなり、AIやロボットなども発達し、世の中の価値観はどんどん変わっていきます。これまでは、「しんどいこと、面倒くさいことを我慢してやる」ことが美徳であり、仕事の一つの本質だったことは間違いありません。
しかしこれからは、そういった仕事を、人間ではないもの(機械など)にお願いすることが可能になります。それなら、自分のやりたいことだけをやっていけば、ストレスも軽減され、安全も確保されるため、健康で幸せな状態に近づくことになるでしょう。

また、受け取る情報が昔と比較できないほど増えていて、今後もさらに急激に増えていくため、その情報すべてに対応することは不可能になります。情報の洪水の中で、自分が必要とするものだけを拾い出し、それをうまく利用していくことが重要になります。必要のないものに付き合っている時間はありません。

そんな世の中では、やりたいことで時間を埋め尽くすことが、「最高の時間術」となるはずです。無駄なことをやっている時間は全くありません。まずは、やりたいこととやりたくないことをリストアップし、やりたくないことは自分の時間から除外し、やりたいことで人生を埋め尽くしていきましょう。

(つづく)

この記事の専門家

山本憲明税理士事務所

山本 憲明

1970年兵庫県生まれ。制御機器メーカーで10年勤務ののち2005年税理士事務所開業。
主に「1人会社」の経理・税務等のサポートにあたる。
著書は「仕事が速い人と仕事が遅い人の習慣」「社員ゼロ!会社は1人で経営しなさい」など22作50万部。中小企業の経営戦略を数多く手がけてきました。大事なことはコミュニケーションだと考えています。机上の空論をのべても経営は上向きません。実践のコンサルティングを目指しています。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
受動喫煙防止対策補助金
IT導入補助金
やってみるもんです。中小企業も!働き方改革
補助金・助成金ヘッドライン
ミラサポ活用術
ページトップに戻る