ミラサポ 未来の企業★応援サイト

アワード受賞企業に学ぼう!リーディング企業ピックアップ Vol.6

CASE-1 勝山自動車株式会社

2017年1月から本格運用が始まった「おもてなし規格認証制度」。
3月6日に行われた「伸び盛り企業会議2017」に登壇した「おもてなし規格認証2017」のパイロット認証取得企業4社の取り組みを通じて、おもてなし規格認証取得に向けたポイントをご紹介してまいります。
※本記事は2017年3月6日時点の取材を基に執筆・掲載しています。

勝山自動車株式会社(勝山タクシー)

勝山自動車株式会社

  • ■代表者:代表取締役社長 廣石 敏文
  • ■事業内容:陸運(観光バス・バス・タクシー)
  • ■所在地:福岡県北九州市小倉北区米町1丁目5-15
  • ■設立:1952年(昭和27)年12月
  • ■資本金:4,000万円
  • ■従業員数:175名 ※2016年1月 現在

【おもてなし規格認証2017】 ★金認証(お客さまの期待を超えるサービス提供者)を取得

金認証の取得で、さらなる接客レベルの向上へ
勝山自動車株式会社 代表取締役社長 廣石 敏文 氏


勝山自動車株式会社
代表取締役社長 廣石 敏文 氏

弊社は福岡県北九州市で創業して65周年を迎えます。「関わるすべての人が笑顔になるタクシー会社」を目指し事業を展開しています。
特に地域との関わりを大切にしており、地元の大学から新卒社員の採用を行ったり、地域のコミュニティFMに社内で企画したCMを流したり、地元の警察と一緒に小学校で交通安全教室を開くなど地域密着型の活動を積極的に行っています。その他、助産師の講習を受けたドライバーが担当する陣痛タクシーや、スマートフォンでの配車など、お客様の利便性を第一に考え、新たなサービスを積極的に日々取り入れています。

近年、北九州市は「住みやすいまちナンバーワン選出」や「八幡製鐵所関連施設の世界遺産登録」関連で国内外から観光で来られるお客様が増えています。
日ごろ、ご利用いただいている地元の方も含め、すべてのお客様のさらなる満足度向上にむけ、"日本でも最高のおもてなしのできるタクシー"を目指して「プレミアムタクシー」サービスに注力しています。

「プレミアムタクシー」では、高い接客スキルに加え、おもてなしの精神に優れたドライバーとして社内認定された"プレミアムドライバー"が乗務し、従来のタクシーよりもワンランク上のサービスをお届けしています。"プレミアムドライバー"は専用のバッチや制服を着用し、専用の車両に乗務します。

今回「プレミアムタクシー」が金認証を取得したことにより、乗務員たちの業務への誇りや、さらなる意識向上につながることを期待しています。より前向きにドライバー業務に取り組む結果、より高いサービスレベルにつながり、結果、北九州の魅力アップに貢献していければと考えます。

認証に際して、事業と地域との関係性を重視
一般社団法人OSTi 理事 渋谷 健 氏


一般社団法人OSTi
理事 渋谷 健 氏

私たち一般社団法人OSTi(オスティ)は、産学連携や地域連携などを行う事業プロデュース集団です。"面白いことを何でもやろう"という姿勢でのぞみ、新たな社会価値創出をお手伝いしています。

今回のおもてなし規格認証では「金認証」を、特に九州エリアにフォーカスして輩出し、九州から「地域に愛され、地域と共にあり、地域に貢献する」サービスを発信したいと考えます。ただ認証の取得をゴールにするのではなく、取得をきっかけに、その先にある事業成長につなげることを狙いとしています。

私たちの認証プログラムでは、顧客・従業員・地域とのコミュニケーション、すなわちつながり、関係性をつくる点を重視しています。評価項目15項目のうち、例えばインターネットを活用した情報発信といった「情報共有・コミュニケーション」などに焦点を当てています。

今回勝山タクシーさんは、地域とつながる事業者の象徴として認証させていただきました。その他にも地域のつながりを築き、地域に愛されている事業者さんたちの認証を行っています。

認証を通じて私たちが学んだことは、地域に愛される事業に必要なキーワードは「友達最強」だということです。利用者との友達のような強い関係性が、事業者の成長を支える基盤となると強く感じます。
OSTiとしては、今後も地域との関係性にフォーカスして認証を行っていきたいと考えます。

日本サービス大賞を受賞したポイント

♣ 北九州エリアの魅力向上につなげる高品質な乗務サービスの提供を行っている

♣ 地域とのつながりを重視した活動に取り組んでいる




vol.6 TOPへ