ミラサポ 未来の企業★応援サイト

アワード受賞企業に学ぼう!リーディング企業ピックアップ Vol.6

CASE-2 株式会社セオリー(日本酒スローフード にいがた方舟 新潟駅CoCoLo南館店)

2017年1月から本格運用が始まった「おもてなし規格認証制度」。
3月6日に行われた「伸び盛り企業会議2017」に登壇した「おもてなし規格認証2017」のパイロット認証取得企業4社の取り組みを通じて、おもてなし規格認証取得に向けたポイントをご紹介してまいります。
※本記事は2017年3月6日時点の取材を基に執筆・掲載しています。

株式会社セオリー

株式会社セオリー

  • ■代表者:代表取締役社長 原 誠志
  • ■事業内容:飲食(方舟)、宿泊、物販、EC事業
  • ■所在地:東京都中央区銀座8-12-8
  • ■設立:2004年(平成16)年11月
  • ■資本金:1,000万円
  • ■従業員数:350名 ※2017年2月 現在

【おもてなし規格認証2017】 ★金認証(お客さまの期待を超えるサービス提供者)を取得

認証にあたっては人材育成がポイントに
一般社団法人ピースキッチン新潟 代表理事 横山裕 氏


一般社団法人ピースキッチン新潟
代表理事 横山裕 氏

私たち一般社団法人ピースキッチンが認証を行った「日本酒スローフードにいがた方舟 新潟駅CoCoLo南館店」は、2016年の3月に新潟駅にオープンしてちょうど1年を迎えるお店です。

同店を運営する株式会社セオリーは"方舟"などのお店を展開し「地域とともに地域の風土と食文化を大切に」サービスを提供する"スローフードカンパニー"を掲げていらっしゃいます。

同社では、全従業員を家族同様に捉え、職場における自己実現や生きがいを大事に、お客様、お取引先、従業員の満足を三位一体経営の実現を目指していらっしゃいます。
サービス提供する側、素材を提供する側、様々な方が一体となってサービスをお届けしていくという理念は、おもてなし規格認証の理念と共通している、と捉えました。

「日本酒スローフードにいがた方舟 新潟駅CoCoLo南館店」は、県内90ある酒蔵の各杜氏との関係を密接にしながら、単なるサービス提供ではなく、それぞれのお酒に込められた想いをサービスを通じてお客様にお届けしていることから、私たちは自信を持って今回認証を行わせていただきました。

私たち「ピースキッチン新潟」は、新潟の米と酒を中心とした食文化を「ガストロノミーツーリズム」という形で地方創生を引き出そうと、2016年に一般社団法人として立ち上がりました。
おもてなし規格認証については「米と酒を中心とした食文化」のサービス品質を上げながら、プロモーション展開していくことを狙いとして、認証を進めていきたいと考えます。
そうした時に、重要になってくるのは、サービスだけでなく豊富な知識も提供できる人材だと考えます。人材育成の仕組みを事業者のみなさんと構築し、取り組んでまいりたいと考えます。
今後も、サービスとともに食文化に関する知識を提供できる人材を育て、それを世界に広めることにも認証を活かしていきたいと考えます。

認証取得のポイント

♣ 新潟県内で生産された酒を提供し、酒や食文化など提供できる人材育成を行っている

♣ 全従業員を一つの家族としてその満足度を大切にする理念がおもてなしの理念とマッチしている




vol.6 TOPへ