すぐに使える!今日からできる!!ミラサポかんたんシリーズ

今では当たり前に、多くの人が頻繁に利用するようになったソーシャルメディア(以下SNS)。プライベートでSNSを利用している方はお店や商品の情報を、SNSを通じて入手したことがあるのではないでしょうか。

今回は、販路拡大や売上UPのために、SNSをビジネスで活用する方法やその際のポイント、注意点を4回にわたってお伝えします!(2019年11月現在の情報を基にお伝えします。)

SNSのビジネス活用講座篇

第二章:②SNSを開設しよう

前回の第一章:自社のサービス・商品に適したSNSを選ぼうでは、Facebook、Instagram、Twitter、YouTube、LINEの主要SNSの特徴と活用しやすい業種を紹介しました。今回はこれらのアカウントの開設方法や周知など、SNSの始め方について解説していきます。

普段みなさんがプライベートで使っているSNSのアカウントとは別に、多くのSNSでビジネスアカウント(企業向けアカウント)というもう一つのアカウントの設定があります。ビジネスアカウントは、複数人での運用管理や、ビジネスアカウントのみに提供された機能(分析やクーポン機能など)が利用可能になりますので、会社やお店のSNSはビジネスアカウントでの開設をおすすめします。

Facebook、Instagram、Twitter、YouTube、LINEの順に、アカウントの開設方法を紹介しますので、前回で開設してみようと思った「自分のビジネスやお客さまにあったSNS」をご覧ください。


Facebookページを開設しよう!

Facebookのビジネスアカウントは「Facebookページ」と呼ばれ、こちらからページ作成ができます。

Facebookページの作成には、まずご担当者個人のFacebookアカウントが必要です。(作成時にログインしている個人アカウントが、開設するページの「管理者」となりますが、後で他の管理者や権限の設定ができます。)
STEP1 ページ名とカテゴリーを設定

ページ名とカテゴリーを設定 社名など、お客さまがわかりやすい・検索しやすい名前を設定しましょう。

STEP2 プロフィール写真やカバー写真の設定

STEP2 プロフィール写真やカバー写真の設定 会社やお店のロゴ、お店の外観、商品の写真など、何のビジネスなのか、何のページなのかが伝わる写真や画像を登録します。プロフィール写真はアイコン、カバー写真はページトップの背景画像となるため、特徴を捉えた写真を登録しておくことでお客さまにページを見つけてもらいやすくなります。

STEP3 基本データの設定

詳細なビジネスプロフィールを作成できます。ビジネス内容やお店の紹介文、問い合わせ先(電話番号、ウェブサイト、メールアドレス、住所)などを掲載できます。空欄を少なく情報をしっかりと入れておくことで、お客さまがページを信用しやすくなります。

STEP4 アレンジ

Facebookでは、テンプレートなどを利用して、ページのボタンとタブの設定をビジネスに合わせて目立たせたいものに変更をするなど、デザインのアレンジも可能です。
また、公開範囲やビジター(閲覧者)投稿などユーザー権限の設定、お知らせ頻度などの細かな設定も可能です。

Instagramのビジネスプロフィールを作成しよう!

Instagramは、アカウント作成方法は個人と変わりはありません。
すでに私用アカウント等がある場合は、一度ログアウトすることで新規登録画面に切り替わります。または、プロフィール右上のメニューから [設定] >[アカウントを追加]でもアカウントを作成できます。

すでに個人アカウントで開設している場合、プロフィール右上のメニューから、[設定] > [アカウント] > [プロアカウントに切り替える] より、ビジネスプロフィールに切り替えることも可能です。
なお、ビジネスプロフィールは非公開設定にできません。すべてのInstagramユーザーから閲覧ができる状態となります。

Instagramのアカウント作成はこちらから。
STEP1 電話番号やメールアドレスで登録

電話番号やメールアドレスで登録 新規アカウント作成には、個人のFacebookアカウント、携帯電話番号またはメールアドレスいずれかとの紐づけが必要です。(電話番号の場合、送られてくる認証コードを使って二段階認証を行います。)

STEP2 ユーザーネームとフルネーム(名前)の設定

ユーザーネームは英数字で作成し、投稿・コメント時などのInstagram利用時に頻繁に表示されるものです。プロフィールのURLにもなります。
一方、フルネームはプロフィール画面に表示される名前です。漢字やひらがなも利用可能なので、お客さまが見てぱっとわかる名前を設定しておきましょう。

STEP3 プロフィール情報の入力

ビジネスのカテゴリー、連絡先情報、自己紹介などの詳細を追加します。(設定完了後にも、[プロフィールを編集]>[プロフィール表示]よりカテゴリーラベルと連絡先情報の表示/非表示を選択できます。)
自己紹介文に「ハッシュタグ:#」をつけると、そのワードがリンクとなり、同じタグや類似したタグの投稿やアカウントからフォローされやすくなります。

STEP4 プロフィール写真の追加

商品やお店の看板、ロゴなどどこのアカウントかわかりやすい写真を登録しましょう。

Twitterを開設しよう!

Twitterには個人アカウントやビジネスアカウントという区分が存在しません。まだアカウントを作成していないメールアドレスか電話番号があれば作成することができます。無料で複数アカウントを作ることができるため、商品・サービスや店舗ごとにアカウントを分けることも可能です。

新規アカウントの作成はこちらから。
STEP1 名前と電話番号、パスワードの設定

名前と電話番号、パスワードの設定 名前(アカウント名)と電話番号またはメールアドレスで登録ができます。
アカウント名は、検索されたときにわかりやすい社名や店舗名等を50文字以内で設定します(日本語も使えます)。電話番号を使用してアカウントを作成する場合、ショートメールで届く認証コードを入力する必要があります。
その後、6文字以上の英数字でパスワードを設定します。

STEP2 アイコンとヘッダー画像の設定

商品やロゴ、お店の写真などをアイコン画像やヘッダー画像として設定できます。アイコン画像は、プロフィールの他にツイート(投稿)にアイコンとして頻繁に表示されます。アイコン画像は直径400pxの円形にトリミングされ、ヘッダー画像はアイコンにより左端が隠れるので、画像登録後に見え方を確認してください。

STEP3 プロフィールの作成

プロフィールの項目は名前・自己紹介・場所・Web・生年月日を登録できます。
自己紹介では、このアカウントが何のアカウントなのか(どんな人が運用しているのか)、どんな情報がつぶやかれるのか、そして「フォローお願いします!」のような挨拶など簡単でいいので登録しておきましょう。
場所は店舗の住所や本社の所在地、Webは公式サイトや他SNSなどがあればリンクを設定できます。

STEP4 初期設定とユーザーIDの設定(変更)

まず、英語表示になっている場合は、[Settings and privacy]>[Data and permissions]内の[Display language]から日本語に変更できます。他にも[Settings and privacy]は通知の設定などができますので、内容を確認しましょう。

アカウント作成時に自動的にユーザー名を設定されている場合も、[設定]>[アカウント]>[ログインとセキュリティ]>[ユーザー名]からユーザー名を変更できます。英数字・アンダーバーのみ使用可能で、15文字以内で設定できます。

フォロワーが返信、@ツイート、ダイレクトメッセージを送信する際に使われる名前が、ユーザー名です。Twitterプロフィールページのリンクの一部にもなります。「@〇〇〇」という形でアカウント名と一緒に頻繁に表示されるものなので、長すぎずわかりやすい、他の人と混同されにくい名前を考えましょう。

YouTubeチャンネルを開設しよう!

YouTubeの公開チャンネルを作るためには、Googleのアカウントが必要です。(Googleアカウントの作成はこちらから)

Googleアカウントを作成した段階でYouTubeチャンネルが自動的に作成されますが、それは個人用のチャンネルであり「一人で管理」と「個人名での利用」が前提です。ビジネスに使用するには「ブランドチャンネル」を別で作ることをおすすめします。

新規チャンネルの作成はこちらから。
STEP1 ブランド アカウントの作成

STEP1 ブランド アカウントの作成 [新しいチャンネルを作成]をクリックし、まずはブランドアカウントを作成します。
ブランド アカウントでは、個人アカウントとは別の名前(例えば、お店やサービスの名前、任意の名前など)をブランド アカウント名(チャンネル名)として設定できます。

STEP2 アカウント確認

メールアドレスか電話番号を登録して、認証番号を使ってアカウントを確認します。確認後、ブランドチャンネルを作成されます。チャンネルの細かい設定はブランドチャンネルにログイン後、行います。

STEP3 チャンネルのカスタマイズ

[チャンネルをカスタマイズ]からアイコン画像やチャンネルアート画像(YouTubeのカバー画像)の設定、チャンネル説明文や連絡先情報、リンクの入力ができます。企業と個人のチャンネルで、機能やレイアウトが変わらないため、説明文などでオフィシャルなものだと明示しておきましょう。※通常のブランドチャンネルとは別に、一部の大手企業などが開設できる「公式ブランドチャンネル」というものもあります。
右上のアイコンから[設定]をクリックし、[アカウント]からも、チャンネル名の変更などができます。

STEP4 運用のための準備

複数人でチャンネルを運用する場合は、[設定]>[アカウント]>「管理者の追加または削除」からチャンネル管理者を追加することができます。
さらに、チャネルのダッシュボードから[設定]>[チャネル]でキーワードを設定できるので、ビジネスジャンルのキーワードなど設定しておきましょう。検索結果の上位表示されやすくなったり、他のチャンネルのおすすめに表示されやすくなったりするなどの効果を期待できます。

LINE公式アカウントを開設しよう!

ビジネスで活用するLINE公式アカウントは、メッセージの配信通数に応じた料金プランになっていて、1000通まではフリープラン(無料)で利用可能です。
LINE公式アカウントは、審査が必要な「プレミアムアカウント」と「認証済アカウント」、審査なしで誰でも作成できる「未認証アカウント」の3種類があります。未認証アカウントの基本機能は、認証済アカウントと変わらず、後から有料プランへのグレードアップも可能なので、まずは「未認証アカウント」を作成しましょう。

LINE公式アカウントの開設はこちらから。
STEP1 LINE Business IDの作成

STEP1 LINE Business IDの作成 LINEアカウント(個人)またはメールアドレスで登録ができます。メールアドレスを使用する場合、メールに送られてくる登録用のリンクから名前やパスワードの設定を進めます。

STEP2 LINE公式アカウントの作成

アカウントの基本情報(20文字以内のアカウント名、メールアドレス、会社/事業名)と業種などを設定し、アカウント作成をクリックします。

ログイン後に、ホームからアカウント名やプロフィール画像、背景画像、20文字までのステータスメッセージを変更できます。
日頃からよく使い、たくさんの友達とつながっているLINEなので、定期的に友達リストの整理をする人もいます。友達リストから削除されないためにも検索時に入力しやすい名前や、後から見ても何のアカウントなのかぱっとわかるように画像を設定しておきましょう。

注意

推測されやすいパスワードは避け、開設したアカウントにログインするIDやパスワードの管理には気を付けましょう!

開設したアカウントを周知しよう!

アカウントを開設すれば、自然とユーザーが見つけてフォローしてくれるということはあまり期待できません。まずはよく利用してくれている既存のお客さまに、アカウントがあることをお知らせしましょう。

アカウントの開設を告知する方法はいくつかあります。
・お客さまがよく通る場所や滞在時間が長い場所(レジ横やテーブル、トイレなど)にPOPを設置する
・商品を渡す際に、チラシを同封する
・会計時など、お客さまに口頭でご案内する
・他にコーポレートサイトやメルマガ、他のSNSなどがある場合は、そちらで告知する など。

紙で告知する場合、SNSのIDやアカウント名だけではなく、QRコードを載せることで、簡単にスマートフォンで読み取り、アクセスすることができるため、お客さまがフォローする際のハードルが下がります。

また、告知内容も単に「アカウント開設しました!フォローしてください!」といったご案内ではなく、アカウントから得られる情報や、フォローのメリット(割引やプレゼントなどのキャンペーン)を提示することができれば、お客さまに興味を持ってもらいやすく、ご案内もしやすくなります。

POINT

アカウントを開設したら、お客さまへの告知を忘れずに!!