Vol.2 経営に関する情報、どうやって収集・活用してますか? ~中小企業・小規模事業者アンケートより~

中小企業の現状をひも解く「ミラサポ総研」。
第2回目は、「経営に関する情報、どうやって収集・活用してますか?」。
第1回目に続き、中小企業・小規模事業者へのアンケート結果から、情報収集・活用の実態に迫ります。

同業者から、交流会から...自分でも勉強して経営に活用!

経営を左右する「情報収集」は、「同業者や交流会参加者」からが最も多く、4割を超える結果となりました。
一方で、「自分自身で調べる」も3割超と多く、勉強熱心な経営者の姿がうかがえます。同業者だけではなく勉強会や交流会、お客さまなど、広く、そして深く情報収集しているといえます。

Q 経営に役立つ情報は誰から入手することが多いですか?

POINT日々の努力の積み重ねが重要

同業者に加え、交流会からも積極的に情報収集するほか、自身でも積極的に勉強して経営に邁進する経営者たち。攻めの経営にとっては日々の努力の積み重ねが重要といえるでしょう。

オンタイムもオフタイムも、積極的に情報収集!

「講演/セミナー/勉強会」が最も多く、約7割となっています。また、「オフタイムの会合など」も上位に上げられてます。忙しい日々の経営の合間を縫って、勉強会やセミナーにも積極的に参加している様子がうかがえます。

Q 経営に役立つ情報はどこで入手することが多いですか?

POINTいつでも情報へのアンテナを張る経営者

講演やセミナー、勉強会といった「真面目な」場所に参加する一方で、仕事以外のオフタイムでも会合などを実施して、積極的な情報収集を行い、経営に活かしているようですね。

次々登場するITサービスも経営に役立てる!

最近よく使うようになったメディアとしては、「Facebook」が約6割を超える結果となりました。そのほか、「ホームページ」や「情報アプリ」など、上位はIT系が独占しています。

Q 3年前と比べて、活用頻度が増えたメディアは?

POINT最新サービスも賢く経営に活用

Facebookやアプリといった新サービスも、経営に活かしている中小企業・小規模事業者のみなさま。時代に合わせて柔軟に対応していく経営者の姿勢が、継続する経営につながるのかもしれませんね。

ヒト・時間の確保がIT活用の課題

ITを活用している経営者のみなさまも、一方で課題を抱えています。アンケートでは、「ITを十分に活用できる人材がいない」「社内の情報セキュリティ確保の不安がある」「業務繁忙で活用する余裕がない」がそれぞれ2割を超える結果となりました。

Q ビジネスにおけるIT活用での課題は?

POINT急進するIT技術をいかにハンドリングするかがカギ

急速に進むIT技術に対して、人材や時間の確保が追い付かないというのは、どの企業にとっても課題といえるかもしれません。積極的にITを活用する一方で、課題にいかに対処するかも経営者にとっては重要といえるでしょう。

セミナーや勉強会に積極的に参加して、同業者や参加者から情報収集をし、しかも自分でも勉強して知識を深めている中小企業・小規模事業者のみなさま。日々の熱心な情報収集の姿がよくわかるアンケート結果となりました。かつてないほどのスピードで進歩するIT技術に課題感を持ちながらも、最新サービスは賢く活用している様子がうかがえますね。

【中小企業・小規模事業者アンケートについて】
本特集で使用したデータは、「平成24年度中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業 推進協議会 47都道府県地域会合」に参加の中小企業・小規模事業経営者を対象に実施しました。調査概要は下記の通りです。
■実施期間:2013年6月~7月
■実施場所:全国47都道府県
■回答者数:482名




すべての特集を見る