公的機関の歩き方

企業の成長を応援する、日本政策金融公庫

Vol.1-1日本政策金融公庫
国民生活事業本部 創業支援部 ベンチャー支援グループ 永沼智佳グループリーダー
広報部 広報課 赤星未来課長代理

今回取り上げるのは、「日本政策金融公庫」(略称:日本公庫)。
中小企業・小規模事業者への幅広い支援を行っていますが、そのうち、事業の立ち上げからIPO直前までステージに合わせた創業・新事業支援について、2回に分けてご紹介します。

3つの事業で、幅広い金融支援を展開

日本公庫は、100%政府出資の政策金融機関です。東日本大震災からの復興支援や経済状況に応じた需要へのきめこまやかな対応などセーフティネット機能の発揮を基本としながら、今後の日本経済の発展のため、創業・新事業、事業再生、ソーシャルビジネス、海外展開、農林水産業の新たな展開への支援など、成長戦略分野などの貢献にも取り組んでいます。お取引は、個人、創業予定者、中小企業・小規模事業者、農林水産事業者が対象です。
日本公庫は、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫を前身として、平成20年に発足しました。旧機関の専門性を活かし、ノウハウを共有して、ビジネスマッチングや、農商工連携の推進支援など、幅広い支援に取り組んでいます。

また、商工会議所、民間金融機関などの支援機関や大学など、他機関との協力体制を構築し、お客さまのニーズに応じた適切な機関のご紹介や、他機関と連携した融資など、サービスのワンストップ化にも取組んでいます。

日本政策金融公庫のご案内2014についてはこちら

創業予定者・小規模事業者に向けて創業初期を金融面で下支え

「国民生活事業」では、年間約2万社の創業企業(創業前および創業後1年以内の企業)への融資を行っています。統計によると、創業者のうち約1/4が国民生活事業を利用していることになります。また、新規上場企業の1~2割が、いずれかのタイミングで国民生活事業を利用されています。創業時に苦労したこととして「資金調達」というアンケート結果も出ていることから、国民生活事業では創業に関する融資に積極的に取り組んでいます。リーマンショック以降、冷え込みを見せていた創業企業への融資実績も、平成24年度から盛り返してきました。
*厚生労働省「平成24年雇用保険事業年報」の新規加入事業所数93,701から推計。

創業される方向けの主な融資制度としては、①「新規開業資金」、②「女性、若者/シニア起業家支援資金」、③「中小企業経営力強化資金」、④「新創業融資制度」、⑤「挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)」などがあります。その他にも、複数の融資制度を取りそろえており、飲食店からITまで、さまざまな業種の方にご利用いただけます。
各融資制度の詳細は、日本公庫ホームページ上でご覧いただけます。どの融資制度を利用すればいいのか迷われても、担当者が最も適したプランをご提案しますのでご安心ください。まずはお気軽にご相談ください。

創業される方向けの主な融資制度についてはこちら

さらに詳しい情報はホームページをご覧ください。
新規開業資金
女性、若者/シニア起業家支援資金
中小企業経営力強化資金
新創業融資制度
挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)

融資制度一覧(国民生活事業)についてはこちら

先輩経営者の事例を参考に、融資のご検討を

融資を受けたご経験がない方は、具体的なイメージがつきにくい部分もあるかもしれません。実際に、日本公庫の融資をご利用された方の事例をホームページに掲載しています。利用をご検討の際に、ぜひ参考にしていただければと思います。

最新の融資事例はこちら
先輩経営者の創業事例はこちら
事業内容に新規性・革新性のある創業期のベンチャー企業を紹介「スタートアップ・カンパニー・ブック」はこちら

創業予定者・小規模事業者に向けて創業のお役立ち情報を発信!

創業支援として、資金面以外にも行っている取り組みがあります。その1つが、15の創業支援センターを中心として、全国で開催している、創業支援セミナーです。税理士が創業計画の立て方を講義する回や、社労士が人材雇用に関し講義する回、先輩経営者が参加者とのディスカッションを交えながら体験談を紹介する回、インターネットを活用した販路開拓方法を講義する回など、幅広く題材を取りそろえていますので、まだまだ情報収集段階という方も、ぜひご参加ください。
開催情報は、ホームページに掲載し、メールマガジンでもご案内しています。

セミナー情報についてはこちら
創業者向けメールマガジンの内容についてはこちら
メールマガジンの登録はこちらから

ご相談は、お気軽にお電話、または支店窓口で!

ご相談は、事業資金相談ダイヤルまたは全国の支店窓口にて承っています。
事業相談ダイヤルは0120‐154-505(行こうよ!公庫)です。創業に関するご相談は、ガイダンス後「0」を選択してください。専門のスタッフが相談を承ります。受付時間は、平日9時から19時までです。また、全国の152支店において「創業サポートデスク」を設けていますので、ご活用ください。
そのほか、全国に6拠点あるビジネスサポートプラザでは、平日の営業時間内のご来店が難しい方向けに、予約制の「休日・夜間相談」を実施しています。予約方法などくわしくは、日本公庫HPにてご確認ください。


日本公庫の利用の流れについてはこちら
日本公庫の店舗案内についてはこちら
創業に関するご相談窓口についてはこちら
創業サポートデスクについてはこちら

インタビューをした人

永沼 智佳さん

最近、初挑戦したことは?
この間、「信州女性起業・創業サミット」のパネルディスカッションで、コーディネーター役に初挑戦しました。セミナー講師の経験はありましたが、コーディネーター役はまた違い、本当にドキドキでした。パネリストのみなさんのほとばしる想いをまとめるのは難しかったですが、みなさんのご意見や事業にかける熱い想いを間近で聞けて感激しました。

赤星 未来さん

最近、嬉しかったことは?
広報でお客さまや職員の取材などを通じて幅広い方々に会えることです。私は福岡出身ですが、職員は全国から集まって来ているので、いろんな故郷を持つ社員に会えるのが嬉しいですね。東京には地方からいらしているお客さまも多いため、同郷の話で盛り上がれるのも楽しいです。

Profile