有限会社アートスクリュー
私たちが取材してきました!
dela

業態/金属製品製造

有限会社アートスクリュー

CHUBU
高信頼性と緩み防止機能を併せもつ新形状ボルト「モーションタイト」
200以上の金型を作るなど研究開発に邁進。あらゆる分野で使用でき、また低コストかつ標準のボルトと同じ作業性で使用できる今までの常識を打ち破った全く新しい規格のねじ「モーションタイト」を開発。

事業名:高信頼性と緩み防止機能を併せもつ新形状ボルトの開発

市場に流通している従来の緩み止め製品は、一長一短があり使用場所も限定されていた。そのような中、あらゆる分野で使用でき、また低コストかつ標準のボルトと同じ作業性で使用できる今までの常識を打ち破った全く新しい規格のねじ「モーションタイト」を同社が開発した。普通に締め付けるだけで緩みを抑え、安定した軸力で疲労強度も向上。すでに各方面での導入も進み、製造販売の委託や海外での現地生産も増やすなど国内外においていっそうの製造販売ルート拡大を図っている。

取り組みのきっかけ

松林社長インタビュー

これまで様々な緩み防止技術が提案されてきたが、多くのものがおねじとめねじを相互干渉させる摩擦抵抗型のボルトやナットがほとんどだった。これらの製品は作業性やコスト面などで課題があり、またナットが使用できない場所でも緩み止めの効力が発揮できるよう、ボルト単体で緩み防止力が得られる新しい製品が求められていた。そこで強力な緩み防止力だけでなく、優れた疲労特性をもち、バラツキのない安定した軸力が得られる高性能ボルトの開発を目指すこととなった。

支援活用

名古屋市工業研究所二村氏インタビュー

ねじ加工を行う町工場からスタートし、平成15年に緩み止めのボルト開発を行う現在の会社を立ち上げ、研究をサポートする名古屋市工業研究所とともにサポインに応募。その補助金を活用することで、200以上の金型を作るなど精力的な研究開発に邁進することができた。不断の努力が実り、「緩む、折れる」という従来のボルトの2大弱点を一気に解決する「緩みにくく、折れにくい」という画期的な製品「モーションタイト」を完成させた。製品化後は目標としていたオートバイの耐久テストにも合格し、採用に至った。さらに、高強度を要する自動車ボルトの開発も新たにスタートしている。

取り組みの成果

社内の作業風景

この「モーションタイト」の新規開発によって、強力な緩み防止力(NAS式振動試験で17分間3万回転緩まず)、優れた疲労特性(標準品の1.2~1.4倍)、安定した軸力(バラツキ範囲、標準品の2/1程度)など従来の製品にはない高い機能が得られるようになった。転造で量産するため、低コスト、高精度化も実現した。疲労強度の向上によって、ボルトのダウンサイジングによる燃費向上やコンパクト設計、さらには製品そのものの小型化や省エネへの貢献など今後の波及効果も期待されている。

今後の展望

社内の作業風景

平成25年9月から販売をスタートさせ、大手企業の採用も実現。建築関連、鉄道駅構内、工場の生産設備などでの使用がすでに始まっている。国内での営業活動はもちろんのこと、海外への積極的な展開を行うとともに、製造販売の委託先も同時に開拓していく。ねじは汎用性が高い部品であるため、国内だけでなく海外市場もターゲットであり、この好機を活かすべく幅広い販売活動を行っていく。「安全を世界へ届ける」という理念のもと、オートバイや自動車はもとより、将来的には飛行機、そしてロケットなどの航空宇宙分野への進出を期して夢は膨らんでいる。

有限会社アートスクリュー

有限会社アートスクリュー

平成15年、緩み止めのボルト開発に特化した新会社として名古屋を拠点に歴史をスタートさせた。新開発のボルト「モーションタイト」が各方面から高い評価を獲得。平成27年には第40回発明大賞「発明功労賞」を受賞するなど、ねじ業界に新風をもたらす存在として注目を集めている。

代表者:代表取締役 松林 興

本社所在地:〒462-0832 愛知県名古屋市北区生駒町3-67-1

dela

私たちが取材してきました!
dela

dela(デラ)は2012年名古屋で誕生したユニット。
デビュー以来、LIVE・イベント出演に留まらず、ドラマ・バラエティなどのテレビ番組やCMに多数出演。上海・台湾・シンガポール・ベトナム・ハワイでもLIVEを敢行する全国でも稀な名古屋が誇るハイクオリティアイドルユニットです!