株式会社きものブレイン
私たちが取材してきました!
Negicco

業態/きもの総合加工事業、きもの販売事業、テキスタイル事業

株式会社きものブレイン

KANTO
イオン共有結合を用いたあらゆる繊維への撥水加工「ドリームケア」の事業化
汚れが付きにくく、家で簡単に水洗いできる撥水加工「ドリームケア」を開発。地元企業との連携により、健康と環境の両方に配慮した薬剤を利用し、あらゆる素材に加工可能という画期的な技術を実現。

事業名:イオン共有結合を用いたあらゆる繊維への撥水加工「ドリームケア」の事業化

全国第2位のきものの産地である十日町市。しかし、国内では長らくきもの市場の縮小が続いている。この状況を打破すべく、きものの丸洗いやしみ抜き等のアフターケアを提供してきた(株)きものブレインでは、地元企業との連携により、汚れが付きにくく、家で簡単に水洗いできる撥水加工「ドリームケア」を開発。ウール、シルク素材を中心に他素材にも展開し、きものを気軽に楽しむライフスタイルの拡大を目指す。

取り組みのきっかけ

岡元社長インタビュー

消費者にもっと気軽にきものを楽しんでいただきたい。そんな思いから、きもののアフターケアなど常に新しいことに取り組んできた同社。長年の課題となっていたことは、「汗」だった。きものについた汗はドライクリーニングで落とすことができない。しかし、水に弱い絹のきものを「洗う」ことも不可能だった。そのため、同社ではしみ抜きなどのアフターケアを提供していたが、もっと気軽に「家で水洗い」できる加工の開発に取り組んだ。そこには、きもの産業の縮小により衰退している地域を活性化したいという思いもあった。

連携体制

魚沼整染株式会社(新潟県十日町市)
(株)きものブレインでは、新技術についてすでに基礎となるノウハウを持っていた。しかし、事業化に向けては膨大な試験を重ねる必要があり、そのために必要な設備はなかったため、事業のパートナーであった染色のプロ、魚沼整染(株)に連携を依頼。ポイントは、生地の繊維に直接反応して薬剤を結合させる「前処理加工」という新技術だった。およそ1200種はあるという撥水剤の内、何種類かを工場に持ち込み、加工時の温度を1℃ずつ変化させて結合のタイミングを図るなど、緻密な調整による実験を重ねていった。

取り組みの成果

「ドリームケア加工」

約3年にわたって試験を行い、ついに「ドリームケア加工」が誕生した。「ノンホルマリン・ノン樹脂加工・ノン有機溶剤」の3つを同時に実現した薬剤を利用し、健康と環境の両方に配慮。撥水・撥油機能、形状安定機能、優れた速乾性、帯電防止機能、しかもあらゆる素材に加工可能という画期的な技術は、きもの業界のみならずアパレル業界からも注目を集め、メーカーに採用されるなど用途が広がっている。開発には長期間を費やしたが、結果的に乗り越えられたのは連携企業との厚い信頼感があったからであり、補助金の活用も大きな支えとなった。

今後の展望

作業風景

ドリームケア加工は絹だけでなく、水に弱いカシミアなどあらゆる素材に適用できる。様々な素材の可能性を引き出す技術として繊維業界での普及を目指し、今後はアパレル消費が伸びている海外市場への展開も視野に入れている。また、同社では技術者がきもののしみ抜きなどをする作業を観光客が見学できる「産業観光工場」の建設に着手している。ここからきものの魅力を発信することで交流人口を増やし、地域活性化に結び付けていくことが狙いだ。きもののトータルケア事業にとどまらない同社の提案は、次世代におけるきものの可能性を広げ続けている。

株式会社きものブレイン

株式会社きものブレイン

1976年に創業し、呉服販売業を開始。1988年に(株)きものブレイン設立。反物から仕立てまでの全加工、汚れを防ぐ撥水加工、着用後のメンテナンスまで「着物の一生」に関わるあらゆる加工を担い、「お客様の幸せ」と「きものの幸せ」の実現を目指す。

代表者:代表取締役 岡元 松男

本社所在地:〒948-0003 新潟県十日町市本町6丁目1

Negicco

私たちが取材してきました!
Negicco

2003年に結成された新潟発アイドル・ユニット。メンバーはNao☆、Megu、Kaede。現在「にいがた観光特使」を務める。 西寺郷太、小西康陽、矢野博康、田島貴男などのプロデュースによる楽曲をリリース。8月16日には初の野音ワンマンライブを成功させた。 2016年2月よりNEGiBANDと全国ツアーへ4月27日中野サンプラザでツアーファイナルを迎える。