平安製作所会社写真
私たちが取材してきました!
フルーレット

業態/自動車部品を主とした板金プレス・溶接・組立・塗装などの加工

株式会社平安製作所

KINKI
精密せん断加工技術「平安式トリプルユニット工法」
培った技術と独創的なアイデアにより、世界で初めてプレス加工のみで部品を製造する「平安式トリプルユニット工法」の開発に成功。この工法より、自動車メーカーの課題であったギア部品の低騒音や大幅な軽量化、低コスト化に貢献。

事業名:精密せん断加工技術(平安式トリプルユニット工法)

アイドリングストップ機能搭載の自動車が急速に普及する中、エンジン再始動時のギアの騒音が問題視され、部品のコスト低減も課題となっていた。同社ではそのニーズに応えるべく、培われた技術と独創的なアイデアにより、切削加工ではなく、世界で初めてプレス加工のみで部品を製造する「平安式トリプルユニット工法」の開発に成功。この工法により製造された「ドライブプレート」はとりわけ吸音効果に優れ、あわせて大幅な軽量化、低コスト化を実現する革新的な製造技術を確立した。

  • yt1
  • yt2
  • yt3
  • yt4

取り組みのきっかけ

高橋社長インタビュー

1939年にものづくりの歴史をスタートさせた同社が、一貫して取り組んできたのは製造業の中の金属加工。他ではできない技術開発型の企業であることを常に念頭におきながら歩みを続けてきた。そのような創造性を重視した企業風土のもと、自動車の進化に伴う部品の騒音低減や低コスト化といった顧客のニーズにいち早く着目。資金面でのハードルをサポイン事業制度を活用することで乗り越え、脈々と積み上げられてきた技術と現場の旺盛なチャレンジ精神によって、世界に例のない、きわめて精密な金属プレス加工技術への取り組みがはじまった。

支援活用

現場のプレス加工機械と作業員の写真

サポイン事業として取り組んだ今回の技術開発にあたって、同社では主に溶接機などをはじめとした特殊な機械の導入に支援を活用。これらによって開発された新しい技術によって、さらに次の新たな部品開発につながるという好循環が生まれている。たとえば主製品の「ドライブプレート」以外でも、切削や溶接、鋳造で生産していた従来のミッション部品を軽量化するため、主にプレス機だけで作る技術を相次いで開発。車体をできるだけ軽くすることで燃費向上を目指す自動車メーカーからも注目を集めている。

取り組みの成果

ドライブプレートをはじめとした一連の部品群の写真

「平安式トリプルユニット工法」の開発により、自動車メーカーの課題であったギア部品の低騒音や大幅な軽量化、低コスト化に貢献。一部の自動車メーカー向けの量産にもつながっている。アイドリングストップ運動のいっそうの推進も期待できる。またこの技術から派生したミッション部品を軽量化する技術によって自動車メーカーからの注目も大きくなっている。平成27年度には、「ものづくり日本大賞」(経済産業省など主催)を受賞。すでに行っている海外展開とあわせ、「開発力と発想力」が強みという同社の存在感はいっそう増している。

今後の展望

経営者と現場従業員の集合写真

技術開発型の企業としてさらなる発展を目指すのはもちろん、とくに20代から30代の若手社員が、技術開発とともに経営に携わる意欲を育むことにも力を注いでいくという。また海外へ出るより国内で技術を磨き、新興国以上のコスト削減を実現させたいという同社では、インドネシアの自動車部品メーカーとの技術供与や人材育成での業務提携を実現している。これからも他社に先駆けて技術を開発し、その技術を海外へ向けてセールスする方針。今後は、電気自動車の部品など新たな分野への挑戦も視野に入れながらその士気はますます高まっている。

株式会社平安製作所

株式会社平安製作所外観

1939年の創業以来、プレス加工と溶接加工技術に特化して技術力を高めてきた。総合塑性加工・複合技術を標榜する技術開発型の企業として、平成27年度には「ものづくり日本大賞」優秀賞を受賞するなど日本でしかできない新しいものづくりへの挑戦を続けている。

代表者:代表取締役社長 高橋 鉄次

本社所在地:〒520-1823 滋賀県高島市マキノ町中庄464

フルーレット

私たちが取材してきました!
フルーレット

『フルーレット』は、滋賀発の女子中高生8人組のアイドルユニットです。一人一人は小さな花でも、全員で大輪になって全国で輝こう!の意味を込めています。地元滋賀をはじめ、大阪、神戸、京都、名古屋などで積極的にライブ活動を行い、全国デビューを目指しています。