グランフィーのピアノ
私たちが取材してきました!
セブンカラーズ

業態/ピアノ調律・修理・製造・販売

有限会社藤井ピアノサービス

KYUSYU
グランドピアノの機能を持つアップライト型ピアノ「グランフィールピアノ」
アップライト型ピアノにグランドピアノ感覚の連打機能とタッチ感を再現する、画期的な装置「グランフィール」を開発。この装置の技術を中核に経営革新計画を申請し承認され、事業に対する意識も変化。世界への扉を開くまでに至る。

事業名:グランドピアノの機能を持つアップライト型ピアノ「グランフィールピアノ」の製造販売

アップライト型ピアノにグランドピアノ感覚の連打機能とタッチ感を再現する、画期的な装置「グランフィール」を同社代表の藤井幸光氏が開発した。国内で広く普及しているアップライト型ピアノは、グランドピアノに比べ弦を打つハンマーの動きが鈍いため、ピアニッシモでの連打や鍵盤の押え方のコントロールが難しく、演奏者の上達の妨げとなっていた。グランフィールピアノの普及を図ることで、演奏技術のレベルアップとピアノ市場の充実・拡大が期待できる。第6回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞を受賞。

  • 「グランフィールピアノ」の鍵盤とロゴ部分のアップ写真
  • 作業風景
  • 「グランフィールピアノ」
  • 第6回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞を受賞

取組みのきっかけ

藤井幸光代表取締役

住宅の狭スペース性やグランドピアノの高価格性などから、国内ではアップライト型ピアノが市場の約9割を占めている。同社代表の藤井氏は、ピアニストを夢見てアップライト型ピアノで練習に励む子供たちがより上達できる助けになりたいという想いから、アップライト型ピアノの改良に着手。アップライト型ピアノにグランドピアノ並みのタッチと音色をもたらす装置を開発し、平成22年春「グランフィール」という名で発売した。さらに、平成24年には、グランフィールを組み込んだオリジナルブランドピアノ、「グランフィールピアノ」の発売に至った。

支援活用

「グランフィールピアノ」全体写真

今回の取り組みは、アップライト型ピアノにグランドピアノの機能を持たせることをテーマにはじまった。そこで、グランドピアノにあってアップライト型ピアノにはない3つの部品に着目。それらと同様な働きをもつ部品の開発に注力したのだが、弾き手に違和感がない機能性を実現するまでにかなりの時間を要した。この「グランフィール」の技術を中核に経営革新計画を申請し承認された結果、"この素晴らしい技術が売れないわけがない"という意識が拡大。ものづくり補助金や新連携の認定にもつながり、世界への扉を開くところまでに至った。

取り組みの成果

「グランフィールピアノ」

300年のピアノの歴史の中でも革命的といえるグランフィール技術は、2010年の国内特許取得を皮切りに、アメリカ、ヨーロッパ、中国でも特許を取得。また、平成26年には「発明大賞 日本発明振興協会会長賞」を、さらに平成27年には、「ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞」を受賞するなど、極めて高い評価を獲得することとなった。一方、販路拡大にあたっては、多くの人々がグランフィール技術とグランフィールピアノを体験できるよう全国のショップと連携。実際に弾いてもらうことで、グランドピアノ感覚を実感してもらっている。

今後の展望

藤井幸光氏がグランフィール機構を手作業で製作している写真

アップライト型ピアノにグランフィール機構を組み込み、調整することができる調律師や技術者を全国レベルで育成していくことに力を注いでいる。また、「グランフィールピアノ」を世界の楽器見本市などに出展することで、グランフィール技術の価値をグローバルに伝えていく。さらに、アップライト型ピアノの左のソフトペダルにグランドピアノのものと同じ機能性を持たせたほか、アップライト型ピアノの表現力をよりグランドピアノに近づけるべく、次の新たな技術開発にも取り組んでいく。

有限会社藤井ピアノサービス

会社写真

世界中のピアノのオーバーホール、修理、調律から、販売までを手掛ける。なかでも、グランドピアノ感覚で演奏ができるアップライト型ピアノ「グランフィールピアノ」の製造・販売は、ピアノ市場を広げる画期的な新製品として世界中から注目を集めている。

代表者:代表取締役社長 藤井 幸光

本社所在地:〒895-0027 鹿児島県薩摩川内市西向田町15-11

Seven Colors

私たちが取材してきました!
セブンカラーズ

鹿児島から九州を、九州から全国を笑顔にしたい元気にしたいと活動しているユニット、キャスト系アイドルのSeven Colors。
鹿児島県内外問わず、多くのイベントやテレビ・ラジオ出演中!「人の笑顔と笑顔をを繋ぐ架け橋になりたい」「世界中どこからでも見える"虹"を作りたい」という想いのもと活動しています!