VB綿ウェットタオル
私たちが取材してきました!
S★KIP

業態/包装資材卸業、ウェットタオル製造業

株式会社mimoto

SHIKOKU
VB(ウィルスブロック)綿ウェットタオルを開発
ナノテクノロジーを基盤とする「VB(ウィルスブロック)」の水溶液を使用し、一般的な不織布ではなく綿100%というこれまでの高級路線にさらなる高付加価値を加えたノロウィルス対策商品を開発。大手チェーン飲食店や海外企業などの急増したニーズに答えるべく設備投資を行い、生産効率も大幅にアップ。

事業名:VB綿ウェットタオルの開発

消費者の衛生意識の高まりとともに、アルコール入りウェットティッシュなどの除菌アイテムが広く浸透している。しかしノロウィルスをはじめとする、アルコールでは除菌できないウィルスも多い。除菌ウェットタオルで外食産業などのニーズに応えてきた株式会社mimotoは、ナノテクノロジーを基盤とする薬液を使用したノロウィルス対策商品を開発。一般的な不織布ではなく綿100%というこれまでの高級路線にさらなる高付加価値を得て、販路の拡大を目指している。

取り組みのきっかけ

薬液に浸したウェットタオルを絞る様子

飲食店における食中毒の原因は、そのほとんどが従業員ではなくすでに感染していた来店客によるものといわれる。そのための対策として同社の除菌ウェットタオルはすでに評価されていたが、より万全を期す商品としてノロウィルス対策へのニーズがあった。ウェットタオルに適した薬液を求め、同社のパートナー企業であるVBジャパンテクノロジーが東京工業大学、慶応大学医学部発のベンチャーとの共同研究に着手。抗ウィルス活性(ノロウィルスやインフルエンザウィルス含む)薬液の開発に成功した。

革新の経緯

綿ウェットタオルの生産ライン

新開発された薬液「VB(ウィルスブロック)」の水溶液を使用し、2013年に綿ウェットタオル製造販売を開始。幅広い業界から大きな反響があり、大手チェーン飲食店等からの大口受注の打診も入った。さらに取引先等を通じ、海外企業の紹介も得ることができた。急増したニーズに応えるべく生産人員を増加させ、長時間体制での稼働に踏み切ったが、当時の生産ラインでは生産量が追い付かず、現場も限界に。そこで補助金による設備投資を行い、増産に耐えうる生産体制を構築することとなった。

取り組みの成果

商品ポスターと店頭POP

VB水溶液を使用したウェットタオル専用のラインを増設することで、生産効率が大幅にアップ。現場が「うれしい悲鳴」というほど急増した生産量に応えるとともに、反響の大きい新商品の生産という誇りは現場の士気も高めた。パート従業員から正社員への採用が増えるなど、雇用体制の充実にもつながっている。商品の活用シーンをさらに広げるため、パッケージや色、香りを変えることでシリーズ化を図り、バラエティも豊かに。そのための試作品製作、展示会への出展にも補助金を活用し、着実に成果を上げることができた。

今後の展望

代表取締役 味本 隆

綿100%のVBシリーズは、一般的な不織布とは異なる非日常的なプレミアム感を訴求ポイントとし、高級路線を打ち出すブライダルシーンや航空会社などに採用されてきた。現在は綿タオルならではの心地よい使用感を強みに、新たなアプローチを展開。防災の備蓄用品としての活用を提案し、公共施設などで採用が始まっている。さらに「ニッポンのおしぼり文化」を発信する商品として、インバウンド消費を見据えた外国人向けアイテムも発売するなど柔軟な発想でオンリーワン商品を追求。海外市場も視野に入れたブランディングを推し進める。

株式会社mimoto

会社写真

オリジナルの紙バッグやポリバッグを製造する包装資材卸業、および新開発の「VB」水溶液を使用した抗菌・抗ウィルス対策ウエットタオル製造業を展開。外食産業を中心として、グローバルなニーズも視野に入れた「オンリーワン商品」を提案し続けている。

代表者:代表取締役 味本 隆

本社所在地:〒781-0270 高知県高知市長浜5984-2

S★KIP

私たちが取材してきました!
S★KIP

スーパー・高知・アイドル・プロジェクトの頭文字を取ってSKIP。高知県を拠点に全国でライブを展開、2015年8月に高知のアイドルでは初となるメジャーデビューを果たしました。楽曲とステージパフォーマンスには定評があり、お客様に元気と笑顔をお持ち帰りしてもらえるステージは必見!これからの成長を見逃すな!!