新しいビジネスのヒントがここに! ミラサポビジネススクール

経営をつづけていくために、新たな手法・視点は必須です。
中小企業の先進ビジネス、取組み事例をピックアップし、次なるビジネスのヒントをお届けします。

Lesson12
慣習にとらわれない"雇用"2

慣習にとらわれない"雇用" 前篇に引き続き、後篇では、さまざまな工夫を凝らし、人材確保・育成に取り組む中小企業を取り上げます。2015年版「中小企業白書」第2部より、全国各地の具体的な事例をご覧ください。

3.地域内連携による人材育成

公益財団法人南信州・飯田産業センターの研修の様子
事例3-1: 公益財団法人南信州・飯田産業センター「地域による地域が求める人材の育成の在り方」

長野県飯田市に位置する公益財団法人南信州・飯田産業センター(職員24名、出捐金1,700万円)は、地場産業の振興を目的として1983年に設立された法人であり、航空宇宙産業、バイオメディカル産業、環境・エネルギー産業といった産業の振興に力を入れている。
しかし、飯田市においては4年制大学や専門の...
(2015年版「中小企業白書」事例2-2-9より)

公益財団法人南信州・飯田産業センターの研修の様子
佐野氏が祭りに参加した際の様子と武藤氏の働く様子
事例3-2: 株式会社山梨中央銀行「派遣を通した多様な視点の育成」

株式会社山梨中央銀行は山梨県に本店を置く県内唯一の地方銀行であり、地域の企業に密着した経営を行っている。企業数の減少と少子高齢化が進展する山梨県において、同行が地域経済に果たすべき役割を考えた際に、地域企業への一歩踏み込んだコンサルティングを行い、経営課題への的確なソリューションを提供する必要性を感じている。そのためには、銀行員...
(2015年版「中小企業白書」事例2-2-10より)

佐野氏が祭りに参加した際の様子と武藤氏の働く様子

4.地域外からの雇用を促進

会社説明会におけるFネットのブース
事例4-1: ふるさと就職応援ネットワーク(Fネット)「全国各地に根付いた事業者がネットワークを構成して、首都圏と地域間の採用活動を支援」

ふるさと就職応援ネットワーク(以下、「Fネット」という。)は、『ヒューマンリソース(HR)事業から地域社会の発展に寄与する』という理念の下、2008年に結成された全国の採用支援を中心にHR事業を展開する企業20社で形成されるネットワークである。
Fネットの事務局を務める...
(2015年版「中小企業白書」事例2-2-13より)

会社説明会におけるFネットのブース
古民家を改造したサテライトオフィスとサテライトオフィス内部
事例4-2: 徳島県神山町(NPO法人グリーンバレー)「スキルを持つIターンの受け入れにより社会動態が増加に転じた自治体」

徳島県名西郡神山町(人口:6,038人(平成22年国勢調査)、面積173.31k㎡)は、総面積の約83%を森林が占め、かつては林業が盛んであったが、1955年の市町村合併時の人口21,000人は林業の衰退とともに減少し、現在は約6,000人である。しかし平成23年度の社会動態人口が町史上、初めて増加に転じた。神山町への転入が増加した背景に...
(2015年版「中小企業白書」事例2-2-14より)

古民家を改造したサテライトオフィスとサテライトオフィス内部
移住者が特産品の開発や流通に関してアドバイスをする様子
事例4-3: 熊本県天草市「地域に不足する経営資源を都市部の大企業との連携により確保する自治体」

熊本県天草市(人口89,091人(平成22年国勢調査)、面積683平方キロメートル)は、熊本県の南西部に位置し、周囲を藍く美しい海に囲まれた天草上島・天草下島や御所浦島などで構成する天草諸島の中心部に位置している。面積は683平方キロメートルで県下最大を誇り、人口は約9万人で県下3位である。...
(2015年版「中小企業白書」事例2-2-15より)

移住者が特産品の開発や流通に関してアドバイスをする様子

5.一定期間での人材採用・育成力の強化

特定非営利活動法人ETIC.が行うインターンシップの説明会の様子
事例5-1: 特定非営利活動法人ETIC.「『実践型インターンシップ』による自社変革のススメ」

東京都渋谷区を拠点に活動する特定非営利活動法人(以下、「NPO法人」とする。)ETIC.(代表理事:宮城治男、従業員数70名(うち、専従35名)※2014年12月現在)は起業家精神にあふれる人材を育成することを目的に1993年に創設され(2000年法人化)、数多くの意欲ある若者と新たな取組に挑戦する社会の現場を繋いできた。...
(2015年版「中小企業白書」事例2-2-11より)

特定非営利活動法人ETIC.が行うインターンシップの説明会の様子
南条装備工業株式会社の作業風景とあきたかたコンソの会合にて
事例5-2: あきたかたコンソ「地域で働くことを、より楽しく、より充実させるためのサポート」

広島県安芸高田市のあきたかたコンソは、NPO法人キャリアプロジェクト広島を中心に、自治体や地域の商工団体、産業支援機関が連携して形成された、地域の人材を地域で育成するためのコンソーシアム(組織)である。コンソーシアムには地域の企業であれば無料で参加ができ、地域の企業が抱える人材育成に関する悩みや課題を解決するための取組を...
(2015年版「中小企業白書」事例2-2-12より)

南条装備工業株式会社の作業風景とあきたかたコンソの会合にて