新しいビジネスのヒントがここに! ミラサポビジネススクール

経営をつづけていくために、新たな手法・視点は必須です。
中小企業の先進ビジネス、取組み事例をピックアップし、次なるビジネスのヒントをお届けします。

Lesson26
事業承継!成功へのヒントはこれ!!

中小企業・小規模事業者の経営者の高齢化が進む中、必然的に次代へ会社を引き継ぐ「事業承継」が課題となってきます。その承継の対象としては、子供などの親族、役員・従業員などの親族外、さらに社外として第三者への譲渡・売却・統合(M&A)があります。
いずれの承継にしても、未来にわたって事業を継続・発展させることがなにより重要なことです。

Lesson26では、さまざまな形で事業承継を成功させた中小企業の取り組みを、2017年度版「中小企業白書」第2部第2章よりご紹介いたします。

1. 親族へ承継する

経営理念と経営方針を前に大谷勝彦会長と大谷尚子社長
事例1-1: 大谷 (印章・ゴム印の製造・販売) 「親族や幹部社員に事業承継の意志がなく、インターネットで後継社長を募集。大手企業の役職経験者を役員待遇で迎えるも4年で離職。見かねた次女が『後継者不在で廃業させるのは忍びない』と手を上げ、無事、親族への承継を果たした」

新潟県新潟市に本社を置く株式会社大谷(従業員600名(本社工場55名、店舗販売545名)、資本金1億円)は、印章・ゴム印等の製造・販売業者である。1966年に、...
(2017年版「中小企業白書」事例2-2-1より)

経営理念と経営方針を前に大谷勝彦会長と大谷尚子社長
同社製品のバブル90
事例1-2: 株式会社 DG TAKANO (節水ノズルの製造・販売) 「システム・ソフトウェアの設計で起業する一方、家業の精密金属加工技術を活かして高精度な金属部品を開発。やがて実家の工場を吸収合併し、ベンチャーとして親の事業を承継した」

東京都台東区に本社を置く株式会社DG TAKANO(従業員20名、資本金1,000万円)は、社長である高野雅彰氏(38歳)が創業した、節水ノズル「バブル90」の製造・販売業者である。...
(2017年版「中小企業白書」事例2-2-7より)

同社製品のバブル90

2. 親族外(役員・従業員)へ承継する

左から手塚取締役、芦澤会長、若林社長
事例2-1: オーテックメカニカル (省力機械・自動機の開発・設計・製造・販売) 「優秀な従業員に次の経営を継がせるため、創業者が従業員と経営理念を共有して経営的視点を持つ人材へと育成。後継候補者が40代になると取締役に登用。今、3代目の従業員へと承継が着々と進んでいる」

山梨県南アルプス市の株式会社オーテックメカニカル(従業員41名、資本金 5,570万円)は、高速組立・高速検査を行う省力機械・自動機の開発、設計及び製造、販売業者である。...
(2017年版「中小企業白書」事例2-2-2より)

左から手塚取締役、芦澤会長、若林社長
五星本社外観
事例2-2: 五星 (総合建設コンサルタント) 「3代続いた親族承継から一転して従業員に承継。親族外承継の4代目社長は、今後も従業員への事業承継を盤石なものにするため、社員持ち株の資本政策を実施。次世代の経営陣を育成するプロジェクトも推進中」

香川県三豊市に本社を構える株式会社五星(従業員141名、資本金4,800万円)は、総合建設コンサルタント会社である。土木関連の測量・設計等のコンサルタント業務を主体に、...
(2017年版「中小企業白書」事例2-2-3より)

五星本社外観

3. 社外へ引き継ぐ

株式会社ファーストグループの藤堂高明社長
事例3-1: ファーストグループ (自動車整備・販売) 「苦境の業務用大型車両の受注整備から一般車両の整備へと事業をシフト。業績が好転すると事業を伸長させるため同業者をM&A。後継者不在や業績不振の整備工場の買収で雇用も守る」

奈良県天理市の株式会社ファーストグループ(従業員100名、資本金3,000万円)は、自動車整備業、自動車販売業を主に行う企業である。近年は、...
(2017年版「中小企業白書」事例2-2-4より)

株式会社ファーストグループの藤堂高明社長
谷口とよ美社長(前列左から3番目)と東京支店の社員
事例3-2: リブネット (図書館業務の総合プロデュース) 「図書館運営事業という前例のないビジネスモデルで起業。後継者を立てて事業を継続するため大手企業との資本提携を模索。大手電気通信工事業者に株式を取得してもらい子会社に。経営の独自性を保ちながら事業を成長させる」

三重県伊勢市の株式会社リブネット(従業員30名、資本金1億円)は、図書館業務の総合プロデュース企業として、図書館委託業務、ソフトウェア開発販売、コンサルティング等の事業を展開している。...
(2017年版「中小企業白書」事例2-2-6より)

谷口とよ美社長(前列左から3番目)と東京支店の社員