新しいビジネスのヒントがここに! ミラサポビジネススクール

経営をつづけていくために、新たな手法・視点は必須です。
中小企業の先進ビジネス、取組み事例をピックアップし、次なるビジネスのヒントをお届けします。

Lesson31
事業再編・事業統合によって成長する中小企業!
~付加価値向上・担い手確保編~

昨今、市場の成熟化やグローバル化、加えて人手不足問題など様々な課題が影響し、我が国の中小企業や小規模事業者の休廃業率は依然として高い水準にあります。労働生産性向上のためには、会社同士が合併したりある会社が他の会社を買収したりして事業を継続するM&Aといった方法など、事業再編・統合が有効な方法となっています。

Lesson31の後編では、M&Aに取り組んだことで付加価値向上につながった中小企業や、担い手確保に向けてさまざまな取組を行う中小企業の事例について、2018年版「中小企業白書」第2部第6章よりご紹介いたします。

2. 付加価値向上

ミツフジ株式会社
事例2-1: ミツフジ株式会社 (銀メッキ導電性繊維とウエアブル製品の製造、開発及び販売) 「世代交代を機に取り扱う製品を限定し自社製品を開発、出資支援企業と製品の販路開拓や専門的知見の共有を図ることで事業拡大と付加価値向上を実現」

京都府精華町のミツフジ株式会社(従業員35名、資本金11億7,450万円)は、銀メッキ導電性繊維「AGposs®」の製造・開発、及びそれを活用したウェアラブルIoT製品「hamon®」の開発・製造・販売を手掛ける企業である。同社は、1956年に西陣織の着物帯工場として創業し、レース生地等の様々な繊維製品に展開し、先代社長の時代に銀メッキ導電性繊維AGposs®を開発した。…
(2018年版「中小企業白書」コラムより)

ミツフジ株式会社
株式会社シマキュウ
事例2-2: 株式会社シマキュウ (産業用高圧ガス、ドライアイス、溶接材料、産業機器、鋳造材料、環境医療機器などの製造販売) 「M&Aによって異業種の商材と顧客層を獲得し、さまざまな事業を拡大させるとともに、傘下企業のモチベーション向上や経営力向上にも力を入れる」

新潟県長岡市の株式会社シマキュウ(従業員216名、資本金1億円)は、1936年創業の産業用高圧ガス、ドライアイスの製造販売、溶接材料、産業機器、鋳造材料、環境医療機器の専門商社である。同社は、地域の人口減少及び顧客となる製造業等の企業数の減少する中で付加価値向上を図るために、幅広い商材や事業を組み合わせ、顧客ニーズに一貫対応する「工場向けのワンストップサービス」の実現を目指している。…
(2018年版「中小企業白書」コラムより)

株式会社シマキュウ

3. 担い手確保

株式会社大信薬局
事例3-1: 株式会社大信薬局 (薬局・ドラッグストアの経営) 「経営改革に向けてM&Aによって店舗数を拡大、後継者問題を緩和するだけでなく仕入れから売上までの管理体制を一元化し、各店舗の負担軽減に取り組む」

福岡県北九州市に本社を置く大信薬局(従業員330名、資本金3,500万円)は、北九州を中心に処方箋調剤薬局やドラッグストアを78店舗運営している。吉村企右社長が経営を引き継いだ当初は、地域の薬局・薬店を10店舗程度抱える小さい規模で、赤字が続き、従業員の高齢化も進んでおり、厳しい経営状況であった。様々な経営改革を進める中で、成長に向けた施策として小規模な調剤薬局のM&Aによって店舗数を拡大させてきた。…
(2018年版「中小企業白書」コラムより)

株式会社大信薬局
セレンディップ・コンサルティング株式会社
事例3-2: セレンディップ・コンサルティング株式会社 (事業承継支援、コンサルティング事業) 「一時的に株式を引き継ぐことで企業の後継者育成と事業継続を支援するとともに、経営支援としてサポート人材の派遣事業も展開」

愛知県名古屋市のセレンディップ・コンサルティング株式会社は、自動車部品やハイテク部品等のものづくり企業を中心に株式取得(M&A)による事業承継と、専門的な深い知見と高い志を持ち企業価値の向上を目指す「プロ経営者」の複数派遣により、社内に経営チームをつくり、中小企業の継続的な成長や経営改善、生産性向上を直接担う企業である。同社は、経営者の後継が育っていない場合等に、株式を一旦譲受け、…
(2018年版「中小企業白書」コラムより)

セレンディップ・コンサルティング株式会社
かづの銘酒株式会社
事例3-3: かづの銘酒株式会社 (酒造業) 「明治時代から続く酒造り事業を存続させるため、株式譲渡M&Aで飲食系企業と連携を取り、事業継続だけでなく新製品開発にも発展」

秋田県鹿角市のかづの銘酒株式会社(従業員6名、資本金1,000万円)は、1872年(明治5年)創業の酒造業者である。個人事業として創業し、1922年に世の繁栄と人々の長寿を願って命名した「千歳盛」を主力として、地元の鹿角市で根強い人気がある。1944年に統制令により別会社へと統制され、その第七工場として製造を続けていたが、大館市に製造が集約化され、鹿角市で酒造りができなくなり、…
(2018年版「中小企業白書」コラムより)

かづの銘酒株式会社