新しいビジネスのヒントがここに! ミラサポビジネススクール

経営をつづけていくために、新たな手法・視点は必須です。
中小企業の先進ビジネス、取組み事例をピックアップし、次なるビジネスのヒントをお届けします。

Lesson4
もっと自由に資金調達!

Lesson4では、Lesson3の"クラウドソーシング"につづき、ITを活用した資金調達の仕組み、いわゆる"クラウドファンディング(crowdfunding)"*をテーマに取り上げます。"クラウドファンディング"の語源は、群衆を意味する「crowd」と資金調達を意味する「funding」を組み合わせたものです。
*明確な定義がないため、ここでは「インターネットを介して不特定多数の人々から資金調達を行うこと」と定義

ITを活用した資金調達によって、これまでより幅広く資金を調達することが可能になりました。
2014年版「中小企業白書」第3部より、ITを活用した資金調達の仕組みや活用事例をご紹介します。

1.柔軟な資金調達とファンづくりが魅力

有限会社魚住の魚住謙介代表
事例1-1: 有限会社魚住(フォトライフ・ラボラトリーユリシーズ)「IT を活用して「生産ロットの壁」を乗り越えた企業」

福岡県福岡市の有限会社魚住(従業員6 名、資本金300 万円)は、主にカメラ用の本革ケースやストラップ、バッグの企画・製造・販売を行う企業であり、工場を持たずに生産工程のみ外部に委託しているファブレス企業である。自社のEC サイトのほか、一部専門店や量販店での販売も行っている。
同社の魚住謙介(うおずみけんすけ)代表はかねてから、カジュアルなデザインで、日用品もカメラもお互いを傷つけることなく両方入り、ストレスなく...
(2014年版「中小企業白書」事例3-5-13より)

有限会社魚住の魚住謙介代表
有限会社宇賀神溶接工業所の宇賀神一弘社長
事例1-2: 有限会社宇賀神溶接工業所「IT を活用した資金調達により事業の多角化を図る企業」

埼玉県朝霞市の有限会社宇賀神溶接工業所(従業員4 名、資本金300 万円)は、ステンレスを始めとする各種金属材を用いた精密板金加工及びアルゴン溶接加工を行う企業である。顧客から依頼される図面をもとに、材料を仕入れて製品を製造する受注生産がメインである。
同社は、障害を持った人物からの依頼でハンドバイクを製造...
(2014年版「中小企業白書」事例3-5-14より)

有限会社宇賀神溶接工業所の宇賀神一弘社長
神亀酒造株式会社の小川原良征社長
事例1-3: 神亀酒造株式会社「IT を活用して資金調達と純米酒ファン獲得を図る企業」

埼玉県蓮田市の神亀酒造株式会社(従業員15 名、資本金5,000 万円)は、嘉永元年(1848 年)に創業した清酒の製造・販売を行う企業である。
同社の小川原良征(おがわらよしまさ)社長は、醸造アルコールを添加しない純米酒に強いこだわりを持っており、1987 年、製造するすべての清酒を純米酒に転換し、戦後初の全量純米...
(2014年版「中小企業白書」事例3-5-15より)

神亀酒造株式会社の小川原良征社長
齋木産業株式会社の齋木勲社長
事例1-4: 齋木産業株式会社「IT を活用した資金調達により事業を再開した企業」

滋賀県近江八幡市の齋木産業株式会社(従業員2 名、資本金1,000 万円)は、琵琶湖で真珠の養殖を行う企業である。同社の齋木勲(さいきいさお)社長が代表理事を務める滋賀県真珠養殖漁業協同組合で母貝となるイケチョウ貝を成育し、同社を始めとする組合員が成長した母貝を買い取り、珠(ピース)を挿入して養殖を行う。組合員の元で生産された真珠を組合が...
(2014年版「中小企業白書」事例3-5-16より)

齋木産業株式会社の齋木勲社長

2.誰もが資金調達/資金提供できる場づくり

事例2-1: 株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング「IT を活用した資金調達サイト運営で急成長を遂げる企業」

東京都渋谷区の株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングは、プロジェクト実行の資金を、インターネットを通じて集めるウェブサイト「Makuake(マクアケ)」(http://www.makuake.com)の運営企業である。2013 年5 月の事業開始後、急成長を続けており、支援総額は月次ごとに倍々に増加している。...
(2014年版「中小企業白書」事例3-5-11より)

事例2-2: ミュージックセキュリティーズ株式会社「融資、株式出資に加え、第三の資金調達方法を提供する事業者」

東京都千代田区のミュージックセキュリティーズ株式会社は、マイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」(http://www.securite.jp)を運営する企業である。同ウェブサイトは、資金を調達したい事業者と出資したい人(出資者)をマッチングする機能を提供しており、利用企業数は既に130 を超える。
資金調達を希望する事業者は、まずは開示可能な範囲で同社に事業計画書を提出する。同社は、「事業性...
(2014年版「中小企業白書」事例3-5-12より)

事例2-3: 豊中商工会議所「全国に先駆けてIT を活用した資金調達支援を行う商工会議所」

大阪府豊中市の豊中商工会議所は、ミュージックセキュリティーズ株式会社と業務提携し、全国に先駆けてITを活用した資金調達の支援「CCI ファンズ」を実施している商工会議所である。
同会議所は2007 年に公的資金等を基に組成された「おおさか地域創造ファンド」の「豊能地域活性化推進協議会」の事務局を務め、その運用益からの助成により中小企業を支援していた。同ファンドの効果を実感...
(2014年版「中小企業白書」事例3-5-17より)