補助金虎の巻

平成26年度補正予算・平成27年度当初予算編

みなさまの事業に役立つ補助金・助成金。
「使ってみたいけど、どうやったらもらえるのかわからない」という声をよく聞きます。
「補助金虎の巻」では、そんなお悩みにお答えします。

Vol.6では、平成26年度補正予算及び平成27年度当初予算で中小企業・小規模事業者を対象に公募される補助金について、支援の内容、『採択されやすい申請のポイント』についてご紹介します。

注目!補助金申請のポイント! 注目!補助金申請のポイント!

    中小企業庁に聞く

  • 中小企業庁技術・経営革新課(イノベーション課)藤内悠輔担当

    中小企業庁  技術・経営革新課(イノベーション課)  藤内悠輔担当
    幅広い事業者に活用いただけるよう、制度変更!

    昨年、一昨年に続き、今年度の補整予算にも「ものづくり補助金」が計上されました。昨年の「ものづくり補助金」には約3万7千件の応募があり、約1万4千件が作択されました。今年度も応募数の増加が予想されます。今年度の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」(以降、ものづくり・サービス補助金)は、2月13日から1次公募が開始されていますが、今年度変わった点、『採択されやすい申請のポイント』について、お話いたします。


    詳細はこちら

    中小企業庁技術・経営革新課(イノベーション課)藤内悠輔担当

  • 小規模持続化補助金 活用事例

  • 経営計画書作成

    小規模事業者持続化補助金
    経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに50万円を

    対象は小規模事業者に限られます。小規模事業者が経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。
    申請のポイントは「経営計画書」を作成することです。一人で作成するのではなく、所属する商工会・商工会議所の経営指導員に指導・助言を受けて、一緒に計画を練ることが出来ます。


    詳細はこちら

    経営計画書作成


補助金情報などがタイムリーに届く、「ミラサポメールマガジン」に登録する方はこちらから!

※ミラサポ会員の方は、ログインした後に、こちらからご登録ください。