有限会社 やま平窯元

有田焼の産地有田に窯を開き43年目を迎えます。
先代の頃より業務用のホテル・旅館・レストラン向けの食器を生産してまいりました。
平成22年より自社ブランド“Y’s home style”を立ち上げ市場を海外にまで広げ展開中です。
時代のニーズを逸早く捉え形にできる提案型企業を目指しております。

有限会社 やま平窯元

企業情報

〒844-0012 佐賀県西松浦郡有田町桑古場乙2267-1

企業情報

企業PR

有田焼は来年の2016年に日本磁器発祥の地として創業400年を迎えます。
その歴史の中において若い企業ではありますが、それ故に小さな革新の中に活路を見出してきた企業です。
先人たちが積み重ねてきた伝統や歴史・文化、技術や技法を基礎とした上に新しい有田焼のカタチを提案してまいりました。

平成22年度より新たな生産の柱として自社ブランド“Y’s home style”を立ち上げ、現代の和洋の空間を問わない食器を展開中です。

特にその中でも主力商品である‘エッグシェルシリーズ’は、明治時代にヨーロッパに向け輸出された卵の殻の様に薄い磁器を、約1年半の歳月を掛け独自の製法で再現しました。
また、同時にこれからのメーカーは作るだけではなく、商品プロモーションに至るまで責任を持って取り組んでいく必要があると考え、従来の伝統産業にある産地内卸を止め、消費地での展示会やイベントに出展する事で新たな取引先の獲得やSNSを使った流通を創造しております。

ここ数年は海外にも市場を求め、フランス・香港・台湾の展示会やギャ

有田焼は来年の2016年に日本磁器発祥の地として創業400年を迎えます。
その歴史の中において若い企業ではありますが、それ故に小さな革新の中に活路を見出してきた企業です。
先人たちが積み重ねてきた伝統や歴史・文化、技術や技法を基礎とした上に新しい有田焼のカタチを提案してまいりました。

平成22年度より新たな生産の柱として自社ブランド“Y’s home style”を立ち上げ、現代の和洋の空間を問わない食器を展開中です。

特にその中でも主力商品である‘エッグシェルシリーズ’は、明治時代にヨーロッパに向け輸出された卵の殻の様に薄い磁器を、約1年半の歳月を掛け独自の製法で再現しました。
また、同時にこれからのメーカーは作るだけではなく、商品プロモーションに至るまで責任を持って取り組んでいく必要があると考え、従来の伝統産業にある産地内卸を止め、消費地での展示会やイベントに出展する事で新たな取引先の獲得やSNSを使った流通を創造しております。

ここ数年は海外にも市場を求め、フランス・香港・台湾の展示会やギャラリーにも出展。少しずつではありますが認知度は高まって来ています。

続きを読む

企業風景

  • e87f5547b8ba2f35c2d1e95f3f97b228.JPG
  • a60d74c29e2eca82ba9e016cea29f5b5.JPG
  • 55442a6fb3d244b0b09bf072f735101a.JPG

※各企業の情報は、エントリー時に各企業が記載・添付したものを、そのまま掲載しております。
 内容については、各企業にお問い合わせください。

グッド・ビジネス・ニッポンにエントリーしている中小企業・小規模事業者