FDS(Froebel Design Standard)商品開発プロジェクト
supported by 株式会社フレーベル館

子どもたちが使うものだからこそ本物を届けたい。
乳幼児期の子どもたちに向けたオリジナルブランドの商品を一緒に開発しましょう!

株式会社 フレーベル館
子ども環境開発センター 環境開発部
環境デザインチームリーダー
課長 田口 将弘さん

募集プロジェクト

乳幼児期の子どもたちに向けたオリジナルブランド「FDS(Froebel Design Standard)」の商品を一緒に開発していきます。調査・研究をベースにした確かな商品を、確かな品質で子どもたちへ届けるための技術を必要としています。
製造技術などを見せていただき、弊社商品企画担当と一緒に商品企画からスタートします。打ち合わせ、デザイン、見積り、試作等の商品開発のプロセスを一緒に行い、最終的には弊社オリジナルブランド「FDS(Froebel Design Standard)」商品として発売、継続的な商品提供をしていきます。

プロジェクト説明資料(PDF)

テーマの趣旨・概要

優れた技術やアイデアをより広く求め、新しい商品を作っていくことを考えています。日本は技術の優れた工場や職人がたくさんいます。その技術や素材が新しい商品へつながっていくアイデアの源となります。
また、子どもたちへ向けた商品づくりも多様化しており、多品種小ロットへの対応や小回りのきく生産体制も必要となってきています。

プロジェクト担当者インタビューはこちら!

再生

エントリーしてほしいパートナー中小企業・小規模事業者など

独自の技術、優れた加工精度、たくさんの面白いアイデアなど、子ども向け製品に関わらないさまざまな技術と創造力のある工場をお持ちの企業を募集します。対象となる商品ジャンルが広いため、本当にさまざまな技術や素材が活用できます。「子どもたちに本物を届ける」という思いに共感していただき、妥協しないものづくりを共に考えていただける企業をお待ちしています。

プロジェクト担当者への質問

弊社から複数案を個別に応募する事は可能でしょうか?
可能です。1つのエントリーシートに複数案を記載いただいても問題ございません。
プロジェクトに応募するにあたり、弊社と他社がコラボしての応募は可能でしょうか?
可能だと思います。
また、具体的に取り組む際に、どのようなやり方が良いかお話し合いで決めていければと思います。

エントリー受付期間:2015年7月21日(火)~2015年10月2日(金)18:00
*エントリーの受付は終了いたしました。多数のご応募、ありがとうございました。

PROFILE

幼稚園や保育所などの集団で使う施設向け商品を中心に、乳幼児期の子どもたちに向けたオリジナルブランドでの商品開発をしています。家具・遊具・教材・玩具等、子どもたちの育ちに貢献するさまざまな商品を開発しています。

COMPANY DATA

〒113-8611 東京都文京区本駒込6丁目14番9号
株式会社 フレーベル館
代表者:代表取締役社長 飯田 聡彦
創 業:1907年(明治40年)4月21日/設立:1920年(大正9年)11月27日 株式会社に改組
資本金:5,000万円/従業員:380名/株主:凸版印刷株式会社(東京都千代田区)