JAPAN VALUEモノづくりカタログプロジェクト
supported by 株式会社乃村工藝社

日本のモノづくりを守り、継承していくために。
伝統的工芸の技や、地域の風土・文化に根差す工業技術等で
JAPAN VALUEの空間づくりへチャレンジ!

株式会社乃村工藝社
事業統括室
加藤 悟郎さん

募集プロジェクト

日本のモノづくりを守り、継承していくために、伝統的工芸の技や、地域の風土・文化に根差す工業技術等をお持ちで、私たちと共にJAPAN VALUEの空間づくりへチャレンジされる事業者様を募集いたします。

地域のモノづくりを盛り上げていくための第1弾として「JAPAN VALUE モノづくりカタログ」をつくります。これを活用し、様々な空間づくりに、地域の工芸・工業と協業による付加価値づくりを提案していきたいと考えています。技と心意気をお持ちの事業者様に、ぜひ、ご参加いただけることを願っています。

プロジェクト説明資料(PDF)

テーマの趣旨・概要

弊社は、空間づくり・モノづくりを主体とした企業です。今、日本の課題として、地域のモノづくりの存続の危機があり、後継者不足等に直面する背景には国際化社会での社会構造の変化もあります。私たちは、仕事を通じて地域の工芸・工業の事業者様と協業し、新たなJAPAN VALUEを創造、分かち合うことにより、日本のモノづくりを守り、未来へ継承していきたいと考えています。

再生

エントリーしてほしいパートナー中小企業・小規模事業者など

伝統的工芸の技や、地域の風土・文化に根差す工業技術等をお持ちで、私たちと共にJAPAN VALUEの空間づくりへチャレンジされる事業者様をお待ちしています!

プロジェクト担当者への質問

伝統工芸以外の新しい照明(LEDを使う)の形でも良いでしょうか?
拝見させていただいてから判断いたしますので、ひとまず応募いただければと存じます。
乃村工藝社さんの宣伝効果として、どの位を見込まれていますか?
具体的な宣伝効果に関しては案件ごとに異なるかと存じます。
また、本プロジェクトに関しましては、実態作りが目的であり、宣伝効果を見込んでいるわけではございません。カタログの展開規模は未定でございます。
伝統工芸の技を基にした布製品を製作しています。インテリア(のれん、タペストリー、
サインetc)に使用することを考えた場合、受注生産になると思いますが、それでも
エントリーは可能ですか?
是非エントリー頂ければと思います。基本的に私たちのものづくりはオーダーメイドなことが多く、デザイン・仕様を決定してから製作(生産)して頂くことになると思います。

エントリー受付期間:2015年7月21日(火)~2015年10月2日(金)18:00
*エントリーの受付は終了いたしました。多数のご応募、ありがとうございました。

PROFILE

弊社は"人々に感動を与える「空間」を創り、活性化する"ことを生業に123年。年間7000余件のプロジェクトを推進しています。日本のモノづくりを未来へ継承するためにも、技と心意気ある事業者様との協業による新たな価値づくりを促進していきます。

COMPANY DATA

〒135-0091 東京都港区台場2丁目3番4号
株式会社乃村工藝社 NOMURA Co.,Ltd.
事業統括室 加藤 悟郎
ホームページ