Peace Kitchen プロジェクト

世界に向けて日本の地域の商材、食文化を
本気で展開をしたいと思っている事業者と連携した
世界の和食文化ブランド展開

Peace Kitchen
共同代表
古田 秘馬さん

募集プロジェクト

Peace Kitchenでは、食を通して地域や国の境界を越えて繋いでいくという趣旨のもとイベントや教育プログラム、社会活動プログラムなどを通して活動を行っています。同時に、海外における日本の食のブランド戦略、海外流通の展開のサポートを行っています。
イタリアでは食品の輸出が3兆円。一方日本は5000億にとどまっております。
陸続きのEUのマーケットと島国の差はあれども多くの地域の小ロットの商材が世界に出ていっていること、やはりブランドとなって展開している証でもあります。

今回連携したい企業様、商品につきましては、商品の良さはもちろん、本気で海外展開を考えられている企業経営者の皆様、すでに海外展開をされている中で、一緒に活動をしていただける企業の皆様を募集させていただければと思います。

プロジェクト説明資料(PDF)

テーマの趣旨・概要

Peace Kitchenでは和食の食文化を海外に伝えつつ、実際の流通の仕組みを組み上げています。その中で、既存の大手の食品業者ではなく、地域から海外に出ていきたい多様な事業者との連動こそ、世界での多様な魅力的な展開に繋がります。イタリアは日本の人口の半分ながら、食品の年間輸出は日本の6倍の3兆円。その理由は地域の小さな事業者の商材が海外にしっかりと流通しています。

プロジェクト担当者インタビューはこちら!

再生

エントリーしてほしいパートナー中小企業・小規模事業者など

地域から世界へ商材を本気で展開したいと思っている事業者、特別な保存、流通の仕組みを持っている事業者、次世代に伝える食文化の技術を教育できる事業者、酒蔵、モノづくり企業(器メーカーなど)など。

①SAKE&FOOD EXPERIENCE
酒体験や、日本の地域の食文化体験などを一緒に世界や日本の各地で展開できる事業者の皆様

②Peace レシピ
グルメガイドのためのレシピではなく、地域として未来に伝えたい、また世の中の課題を解決するレシピを募集しております。

プロジェクト担当者への質問

魚に油脂を注入するロボットの電子機器を輸出したいのですが?
今回のプロジェクトにおいて協業の可能性があるとお考えであれば、ぜひエントリーをお願いいたします。
ミラノ中心での活動なのでしょうか?
ミラノを中心に、イタリア各地での活動となります。
現地での流通パートナーや協力先の詳細、そしてそれらを通じてどのような展開が
可能でしょうか?
アジア食材イタリア流通No1のユニオントレード社との連携をしております。
実績詳細(特に現地流通にのっている物販)は何がありますか?
日本酒、米、調味料などの実績があります。
食品の輸出に関わる諸手続きの代行、あるいはレクチャーしていただけるノウハウは
ありますか?
輸出に関わる諸手続きの代行、ノウハウレクチャーは可能です。

エントリー受付期間:2015年7月21日(火)~2015年10月2日(金)18:00
*エントリーの受付は終了いたしました。多数のご応募、ありがとうございました。

PROFILE

Peace Kitchenとは、和食を通じて、平和をつくるキッチンです。日本の台所は、平安時代以来、人々が共に作り、学び、食べるという、食と平和が共存してきた場所でした。だから和食をピースフードと名付けその台所をピースキッチンと呼び、ミラノを皮切りに世界中に展開をすることにしました。
Peace Recipe/Experience/Interactive Dining/Peace Food Storiesの4つのプロジェクトを中心にPeace Kitchenを展開しています。平和に貢献できるレシピの開発や、日本酒Bar、餅つき、おにぎりBar、盆踊りなどのイベント実施し、和食体験を通じた和食=ピースフードとしての展開をすすめています。

COMPANY DATA

〒106-0032 東京都港区六本木6丁目6番15号
株式会社Peace Kitchen
担当者:佐藤
ホームページ