東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト
supported by キリン株式会社

新しい時代の新し仕組みや地域の意義を、農業を中心に生み出すプロジェクト

東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト
事務局運営委員
千葉 大貴さん

募集プロジェクト

東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト(以下農業トレセンプロジェクト)は単に農業の復興ということではなく、新しい時代の新しい仕組みや地域の意義を、農業を中心に生み出すプロジェクトです。東北での新しい仕組みを作り出そうと考えている農業経営者と、東京での様々なバックグラウンドをもつ人材の地域プロデュース力を結びつけることで様々な新しいプロジェクトが生み出されています。
今回は、東北の生産者、東京のプロデューサーたちから生まれた多くのプロジェクトと一緒に地域のビジネスを作れる全国の事業者を募集いたします。

[コラボレーションするプロジェクト]

①コミュニティキッチンイニシアチブ
"個"での食材の消費ではなく、"コミュニティ"によるキッチンを利用しながら"コミュニティ"消費を行うプロジェクト。現在、様々な自治体や、企業ともコラボレーションをしながら、地域や企業間のコミュニケーションづくりとしても展開中。企業、自治体などコミュニティづくりで連携を求めています。
詳しくはこちら

②もったいないプロジェクト
規格外というだけでなく、一次加工の際にも多くの生産物が利用できずに廃棄をされています。福島のなめこでは実に30%以上が廃棄をされている状況に。味も変わらないそんな"もったいない"を価値にできないか?と始まったプロジェクト。2015年1月の全国鍋グランプリではもったいない鍋を発表して全国3位を勝ち取り、福島のアンテナショップでも販売日は完売するなどプロジェクトは進化をしています。
全国の様々なもったいないを形にしていくコラボレーション先を求めております。
詳しくはこちら

③おやじの夢米プロジェクト
宮城県くりこま高原のお米生産者加藤さんが始めた"もみ殻竃"を使った地域や仲間でお米を楽しんでもらうプロジェクト。電気やガスを一切使わないもみ殻竃は、震災などの時にも利用ができることが特徴です。通常時は地域のコミュニティでの世代を超えて人を繋ぐ企画として人気沸騰中。全国の自治体や、企業との連携を求めています。
詳しくはこちら

④Cool Agriプロジェクト
福島の若手農業生産者チームが立ち上がり、若い人が目指したくなるかっこよい農業を目指そう!と始まったプロジェクト。福島県石川町のリンゴ生産者大野さんを中心に福島の若手農家が集結。移動式フルーツピザ屋や農園花見など新しい企画を次々と展開する。これからは全国の加工業者の方々との福島の若手チームとのコラボレーションなどを求めている。
詳しくはこちら
農園イベントの情報はこちら

プロジェクト説明資料(PDF)

テーマの趣旨・概要

正しい農業経営の意識と、それをベースに生み出した地域を元気にする各プロジェクトを東北の中だけではなく、全国の事業者と展開モデル、実際の事業モデルを作り上げたいと考え、募集をいたします。

プロジェクト担当者インタビューはこちら!

再生

エントリーしてほしいパートナー中小企業・小規模事業者など

農業トレセンの農業経営者の生産物とコラボレーションできる外食産業、加工事業者、ビールツーリズムなど連携できる旅行事業者、コミュニティキッチンプロジェクトなどと連携できる地域サービス事業者。
例)東北の生産物×食品メーカーによる新しい商品のアイデア
  ビールツーリズム×オリジナルビアマグ
  東北の生産物、農業従事者×出張コミュニティキッチン事業

プロジェクト担当者への質問

農業のIT化への取り組みや、ノウハウをデータ化する仕組み作くりに対する提案は
受け付けていますか?
IT化への取り組みも検討をしておりますが、システム開発や、コストの問題がネックとなり導入に至っておりません。
今回は東北農業の生産物などとの取り組みがメインとなりますが、今後の検討テーマであることは間違いございませんのでご提案頂ければと思います。
農業者は東北三県の方が中心と話されていたが、
東北以外の農業者(経営者)が参加することは可能でしょうか?
本プロジェクトにおいては、農業者に関して東北3県の方とさせて頂いております。
東北から生まれる産品、プロジェクトとタイアップできる事業者様を募集しております。
どういう形態で参加できますか?
幾つかのタイアップ候補のプロジェクトがありますが、東北の農業(生産者)とメーカーさんとでタイアップし、新たな商品を産み出していく事や、東北におけるツアーの構築など、様々な形態での参加アイデアをお待ちしております。
廃棄処分食材を卸していただく場合の商流を教えていただけますか?
今現在は福島の郡山・いわきを中心とした農家さんと直接つながっている状態となっております。
廃棄処分となりそうな食材の情報は、どのような方法でどのくらい前から事前情報として
教えてもらえるのでしょうか?
安定発生している食材については事前にお伝えできますが、季節変動する食材については早くとも1週間前になります。また現在は個別回答となります。
こちらから欲しい食材をリクエストすることは可能ですか?
はい、可能です。
しかしお応えできるかは、その時のリクエスト内容、生産者次第となっておりますのでご了承ください。
社会人博士をしています。事業者ではないですが、研究者としての応募、
エントリーも可能なのでしょうか?
「グッド・ビジネス・ニッポン」のエントリー資格は下記となります。

中小企業基本法に基づく中小企業・小規模事業者(みなし大企業※を除く)
※みなし大企業=発行済株式の総数又は出資価格の総額の2分の1以上を同一の大企業が所有している中小企業者、発行済株式の総数又は出資価格の総額の3分の2以上を大企業が所有している中小企業者、大企業の役員又は職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を占めている中小企業者

エントリー受付期間:2015年7月21日(火)~2015年10月2日(金)18:00
*エントリーの受付は終了いたしました。多数のご応募、ありがとうございました。

PROFILE

農業トレセンでは、2013年のプロジェクトスタートから東北の農業経営者約75名、東京のプロデューサー約100名と共に、20以上のプロジェクトを生み出してきています。

COMPANY DATA

東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト 事務局
ホームページ
プロジェクトの紹介