ポリシー

アプリケーションサービスの提供に関する約款

アプリケーションサービスの提供に関する約款

このアプリケーションサービスの提供に関する約款(以下「アプリ提供約款」といいます)は、本サイトに対し、アプリ提供者が、自社のアプリケーションサービス(以下「アプリ」といいます)を提供するための条件を定める約款です。

第1条(目的)

  1. 運営者が提供するシステム環境(以下「アプリ環境」といいます)において、第2条の要件審査に適合したアプリケーション事業者(個別に又は総称して、以下「アプリ提供者」といいます)は、各自の費用と責任において、本サイトの登録者に対し、本サイトを利用して自社のアプリケーションサービス(以下「アプリ」といいます)を提供することができます。また、運営者は、アプリ環境を整備し、アプリ提供者に提供します。
  2. 前項の条件を明確化するため、運営者は、アプリ環境をアプリ提供者に提供するための条件を本規約にて定めるものとします。ただし、個別のアプリに特化した条件について、運営者とアプリ提供者との間で覚書その他法的文書を締結する場合があります。
  3. 運営者は、アプリ規約において登録者が「各自インストールするアプリごとにアプリ提供者が定める個々の利用規約をも誠実に遵守する」旨を定めるものとします。アプリ提供者は登録者に対して、必要に応じ、アプリごとに独自の利用規約を定めることが出来ます。
  4. アプリ提供約款は、運営者が別途定める利用規約及び関連する諸規則の一部を構成するものとします。アプリ提供約款上、内容が明確ではない箇所および疑義が生じる箇所については、利用規約に従って解釈されるものとします。

第2条(要件審査)

  1. アプリ提供者は、運営者が主催する公募によって選定されるものとします。
  2. 運営者は、アプリ提供者の選定にあたっての基準および手続きを定め、公募要領に掲載するものとします。

第3条(登録者との契約関係)

  1. 本サイトの登録者は、本サイトを通じて、アプリ提供者から提供されるアプリを利用できるものとします。また、個別のアプリの利用にあたっては、登録者とアプリ提供者との間に直接の契約関係が成立し、運営者は契約関係には入りません。
  2. 運営者は、アプリの利用に関して登録者が被った直接的又は間接的損害および第三者が被った損害、並びに登録者がアプリを利用することによって生じたいかなる損害についても、運営者に故意又は重過失がある場合を除き、一切責任を負いません。ただし、登録者から損害賠償の請求その他法的手続きの履行のためにアプリ提供者の連絡先について正当な問合せがあった場合は、所定の手続きに基づき、情報提供その他の協力を行います。
  3. 運営者は、アプリが第三者の知的財産権およびその他の権利を侵害していないこと、アプリが正確に動作することを一切保証せず、登録者その他第三者がアプリに関連して直接的または間接的に被ったいかなる損害についても責任を負いません。

第4条(個人情報の取扱)

  1. 登録者の登録IDその他の情報は、登録者がアプリを利用するにあたり必要な範囲において、運営者からアプリ提供者に提供されます。登録者は、これを承諾するものとみなす旨は、アプリ規約に明記します。
  2. 登録者の個人情報は、運営者が別途定めるプライバシーポリシーに従って解釈されます。アプリ提供者は、そのプライバシーポリシーを充分に理解し、アプリ提供約款の有効期間の内外を問わず遵守するものとします。

第5条(レベニューシェア)

  1. アプリ提供者が本サイトの登録者からアプリ利用料金を徴収する場合、アプリ提供者は、その収益の一部を、運営者が別途定める課金表に従って、レベニューシェアとして運営者に支払うものとします。
  2. 前項のレベニューシェアに関する支払開始時期その他条件については、このアプリ提供約款の附則に記載するものとします。

第6条(ランキングその他広報活動)

  1. 運営者は、本サイトにおいて、個別アプリの人気ランキングの発表その他、本サイトの運営の一環として個別アプリの情報を一般に開示する場合があります。その場合、運営者は事前にアプリ提供者の意向を聴取し充分に勘案の上で対応するものとし、アプリ提供者はこれに協力するものとします。
  2. アプリ提供者は、本サイトにおいて情報発信を希望する場合、運営者に情報発信を提案することが出来ます。その場合、運営者は、アプリ提供者との間で、本サイトの方針およびアプリ提供者の意向等を踏まえ充分に協議をした上で、対応を決定するものとします。
  3. アプリ提供者は、自己のアプリに関して、プレスリリースまたはその他の広報の発行を自由に行うことができます。ただし、アプリ提供者は、運営者から開示あった事項については、運営者の事前の書面承諾を得ずに、プレスリリースまたはその他の広報を発行してはいけません。

第7条(知的財産権)

  1. 本サイトおよびその運営に係る知的財産権は、運営者および第三者に帰属します。他方で、アプリに係る知的財産権は、アプリ提供者に帰属します。
  2. 運営者は、アプリ提供者及び登録者に対して、第1条に定める目的のために、本サイトに関連する知的財産権(特にソフトウェアのプログラム及び付属文書一式)を、アプリ提供約款に従って、日本国内において本サイト上のみ使用することのできる非独占的かつ譲渡不能の権利を許諾します。アプリ提供者は、第1条に定めた目的以外に当該知的財産権を利用してはいけません。
  3. アプリ提供者は、アプリ環境の改変、変換その他の操作を加えようとする場合、また、アプリ環境の全部又は一部を複製、複写しようとする場合には、事前に運営者の書面による承諾を得る必要があります。
  4. アプリ提供者は、アプリ環境の使用にあたり、著作権等の知的財産権その他第三者の権利を侵害しないよう配慮するものとし、アプリ提供者によるアプリの使用により第三者との間で当該第三者の権利を侵害した又は侵害するおそれがあるとして紛争等が生じた場合は、アプリ提供者自身の費用と責任においてこれを解決するものとします。

第8条(システム連携)

アプリ提供者は、運営者の定めるシステム要件を遵守し、アプリ提供者が提供するアプリのバージョンアップその他システム要件の変更を行う場合には、必ず事前に運営者の承諾をとり、システム上の混乱を生じないように努めるものとします。

第9条(約款の成立、効力及び終了)

  1. アプリ提供者の提供するアプリがアプリ環境に提供された時点をもって、このアプリ提供約款は成立し、効力を生じるものとします。
  2. アプリ提供者は、運営者の事前の書面による承諾を得ない限り、アプリ提供を停止することができないものとします。また、アプリ提供者によるアプリ提供の停止によって登録者その他第三者に損害等が発生した場合には、アプリ提供者は、自己の費用と責任において、その第三者との間で生じ得る紛争を解決するものとします。
  3. 運営者は、アプリ提供者への事前の通知によって、アプリ環境の保守点検・設備更新・運営上もしくは技術上の必要又は災害・装置の故障・突発的なシステムへの負荷の増加等の事由によりアプリ環境の提供を中断することがあります。この場合、そのためにアプリ提供者に生じた損害については、運営者に故意又は重過失がない限り、運営者は一切の責任を負いません。
  4. 運営者は、アプリ提供者に事前に通知することにより、アプリ提供約款を変更又は終了させることができます。この場合、運営者は、アプリ提供約款の変更又は終了の旨を、本サイトへの掲載その他の方法によってアプリ提供者に周知するものとし、そのいずれかの方法による周知の開始のときをもってアプリ提供約款が変更され、又は終了するものとします。
  5. アプリ提供者がアプリ提供約款の条項のいずれかに違反した場合、運営者は当該アプリ提供者との間のアプリ提供約款を解除し、その効力を終了させることができるものとします。

第10条(損害賠償・解除)

  1. 運営者は、アプリ提供者がアプリ提供約款の条項に違反した場合には、当該アプリ提供者との間でのアプリ提供約款を解除するとともに、これにより運営者が被った損害の賠償をアプリ提供者に請求することができるものとします。
  2. 前項によりアプリ提供約款が解除された場合には、アプリ提供者はアプリ環境へのアクセスを直ちに中止するとともに、運営者の指示に従うものとします。

第11条(コンプライアンス)

  1. アプリ提供者は、法令(景品表示法、輸出入関連法規類を含みますが、これらに限られません)又はその他の社会規範に従い、適切にアプリ提供約款を遵守するものとします。アプリ提供者は、それらに違反した行為により生じるいかなる問題についても、アプリ提供者自身の費用と責任とにおいて、これを解決するものとします。
  2. アプリ提供者は、このアプリ提供約款上の地位の全部又は一部を第三者に移転することはできません。

第12条(秘密保持)

  1. アプリ提供者は、本サイトまたは運営者に関して知り得た機密情報(以下「機密情報」といます)を第三者に開示しないものとします。但し、以下の各号に該当する場合はこの限りではありません。
  2. (1)事前に運営者の書面による承諾を得て、開示する情報。
    (2)運営者からの開示前に既に公知となっている情報。
    (3)運営者からの開示前に既に自ら所有していた情報。
    (4)法令、アプリ提供約款、その他規約などに違反することなく、正当な権限を保持する第三者から入手した情報。
  3. アプリ提供者は、法令、裁判所の決定・命令、行政庁の命令・指示等により秘密情報の開示を要求された場合など真にやむを得ない場合に限り、秘密情報を開示することができるものとします。但し、アプリ提供者は、その要求を受けたときは,直ちにその旨を運営者に書面によって通知し、開示を行う場合においては、法律上要求される必要最小限度の内容・範囲と認められる部分の開示に留めるものとします。
  4. 本条に定める守秘義務は、アプリ提供約款の効力の有無を問わず有効に存続するものとします。

第13条(紛争の解決)

  1. アプリ提供約款は、日本国の法令を準拠法とします。
  2. アプリ提供約款に関連する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として、これを解決するものとします。

制定・改訂情報 2013年7月 制定・発効

附則

[平成25年(2013年)7月30日発効分]

第1条(発効)

このアプリ提供約款は、平成25年(2013年)7月30日(以下「効力発生日」といいます)の到来をもって発効するものとします。

第2条(利用料金)

  1. 本文第5条1項に記載あるアプリ利用料金は、平成25年(2013年)12月26日までの間は、個別アプリケーションの利用規約の記載の如何に係らず、すべて無料とします。
  2. 本文第5条2項に記載あるレベニューシェアに関する支払開始時期は、当面の間「未定」とします。この間、運営者は課金表を定めません。また、今後新たに支払開始時期を定める場合には、当該開始時期の到来3ヶ月以上前に運営者としての方針を明確化し、本サイト上で公表します。
  3. この条項は、利用規約の附則第2条を除く、すべての条件に優先して適用されるものとします。

以上

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
創業・事業承継補助金 電子申請
IT導入補助金 電子申請
ものづくり補助金 電子申請 申請内容の確認はこちら
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る