ポリシー

アプリケーションサービス利用規約

アプリケーションサービス利用規約

このアプリケーションサービス利用規約(以下「アプリ規約」といいます)は、本サイトの登録者と、ミラサポ事務局(以下「運営者」といいます)との間で締結される約款です。登録者は、ここに記載される条件に同意した場合のみ、アプリをご使用いただくことができます。

第1条(目的)

  1. 運営者が提供する環境(以下「アプリ環境」といいます)において、一定の要件審査に適合したアプリケーション事業者(個別に又は総称して、以下「アプリ提供者」といいます)は、各自の費用と責任において、本サイトの登録者に対し、本サイトを利用して自社のアプリケーションサービス(以下「アプリ」といいます)を提供することができます。また、運営者は、アプリ環境を整備し、アプリ提供者及び登録者に提供します。
  2. 前項の条件を明確化するため、運営者は、アプリ環境を登録者に提供するための条件をアプリ規約にて定めるものとします。
  3. 登録者は、アプリの利用にあたりアプリ規約を誠実に遵守する他、各自インストールするアプリごとにアプリ提供者が定める個々の利用規約をも誠実に遵守するものとします。
  4. アプリ利用規約は、運営者が別途定める利用規約及び関連する諸規則の一部を構成するものとします。アプリ利用規約上、内容が明確ではない箇所および疑義が生じる箇所については、利用規約に従って解釈されるものとします。

第2条(アプリの利用)

  1. 本サイトの登録者は、本サイトを通じて、アプリ提供者から提供されるアプリを利用できます。ただし、個別のアプリの利用にあたっては、登録者とアプリ提供者との間に直接の契約関係が成立し、運営者は契約関係には入りません。
  2. 登録者の登録IDその他の情報は、登録者がアプリを利用するにあたり必要な範囲において、運営者からアプリ提供者に提供されます。登録者は、これを承諾するものとします。ただし、一部のアプリの利用にあたっては、登録者は、本サイトへの登録とは別に事前登録その他の手続きが必要となる場合があります。尚、登録者の個人情報は、運営者が別途定めるプライバシーポリシーに従って解釈されます。
  3. 登録者は、自らの費用と責任においてアプリをインストールし、利用するものとします。

第3条(知的財産権)

  1. 本サイトおよびその運営に係る知的財産権は、運営者および第三者に帰属します。他方で、アプリに係る知的財産権は、アプリ提供者に帰属します。
  2. 運営者は、アプリ提供者及び登録者に対して、第1条に定める目的のために、本サイトに関連する知的財産権(ソフトウェアのプログラム及び付属文書一式を含みますが、それらに限られません)を、アプリ利用規約に従って、日本国内において本サイト上のみ使用することのできる非独占的かつ譲渡不能の権利を許諾します。

第4条(約款の成立、効力及び終了)

  1. 登録者が、アプリ規約に同意のうえ「利用開始」ボタンを押下した時点をもって、アプリ規約は成立し、効力を生じるものとします。
  2. 登録者は、アプリを使用しない場合、自己の占有又は管理下にある全てのアプリを消去及び破棄することにより、爾後、アプリ規約の効力を発生させないようにすることができます。
  3. 運営者は、登録者に事前に通知することなく及び登録者の同意を得ることなく、アプリ規約を変更又は終了させることができます。この場合、運営者は、アプリ規約の変更又は終了の旨を、本サイトへの掲載その他の方法によって登録者に周知するものとし、そのいずれかの方法による周知の開始のときをもってアプリ規約が変更され、又は終了するものとします。
  4. 登録者が、アプリ規約の条項のいずれかに違反した場合、運営者は当該登録者との間のアプリ規約を解除し、その効力を終了させることができるものとします。
  5. 登録者は、いかなる理由によるものであれ、アプリ規約の終了に起因して運営者に対し損害賠償、補償金、その他の支払いを求めることはできません。
  6. アプリ規約が終了した場合には、登録者はいかなる理由においてもアプリを使用することができません。加えて、登録者は、自己の占有又は管理下にあるアプリ(アプリ規約に違反して複製された複製物を含む)を全て速やかに破棄及び消去するものとします。
  7. 本条の他の記載に係らず、本条第5項及び第6項、第6条乃至第9条の定めは、アプリ規約後も有効に存続するものとします。

第5条(本サービスの一時中断)

  1. 運営者は、登録者への事前の通知又は登録者の承諾を要することなく、アプリ環境の保守点検・設備更新・運営上もしくは技術上の必要又は災害・装置の故障・突発的なシステムへの負荷の増加等の事由によりアプリ環境の提供を中断することがあります。この場合、そのためにアプリ提供者及び登録者に生じた損害については、運営者に故意又は重過失がない限り、運営者は一切の責任を負いません。

第6条(遵守事項)

  1. 登録者は、第1条に定めた目的以外にアプリを使用してはならず、また、アプリの一部のみをインストール又は使用してはならないものとします。
  2. 登録者は、アプリ提供者が事前に認める方法以外で、アプリを改変、変換その他の操作を加えることはできません。
  3. 登録者は、アプリ提供者が事前に認める方法以外で、アプリの全部又は一部を複製、複写することはできません。
  4. 登録者は、アプリ提供者が事前に認める方法以外で、アプリの全部又は一部を、有償、無償を問わず第三者に販売、頒布、送信可能化、公衆送信、貸与、譲渡、利用許諾、その他の処分をすることはできません。
  5. 登録者は、アプリの使用にあたり、著作権等の知的財産権その他第三者の権利を侵害しないよう配慮するものとし、登録者によるアプリの使用により第三者との間で当該第三者の権利を侵害した又は侵害するおそれがあるとして紛争等が生じた場合は、登録者自身の費用と責任においてこれを解決するものとします。
  6. 登録者はアプリを個人的かつ非商業的な目的に限り使用することができるものとし、営利目的のために使用することはできません。

第7条(責任制限)

  1. 運営者は、アプリの瑕疵に起因して登録者が被った直接的又は間接的損害および第三者が被った損害、並びに登録者がアプリを利用することによって生じたいかなる損害についても、運営者に故意又は重過失がある場合を除き、一切責任を負いません。ただし、登録者から損害賠償の請求その他法的手続きの履行のためにアプリ提供者の連絡先について正当な問合せがあった場合は、所定の手続きに基づき、情報提供その他の協力を行います。
  2. 運営者は、アプリが第三者の知的財産権およびその他の権利を侵害していないこと、アプリが正確に動作することを一切保証せず、登録者その他第三者がアプリに関連して直接的または間接的に被ったいかなる損害についても責任を負いません。

第8条(損害賠償・解除)

  1. 運営者は、登録者がアプリ規約の条項に違反した場合には、当該登録者との間でのアプリ規約を解除するとともに、これにより運営者が被った損害の賠償を登録者に請求することができるものとします。
  2. 前項によりアプリ規約が解除された場合には、登録者はアプリの使用を直ちに中止するとともに、運営者の指示に従い、保有するアプリを運営者に全て返却し、又はアプリを登録者の本サイトから再生不可能な方法で全て消去するものとします。

第9条(その他)

  1. 登録者はアプリを国外に持ち出す場合には、日本国の輸出入関連法規類を遵守するものとします。登録者は、本項の定めに違反した行為により生じるいかなる問題についても、登録者自身の費用と責任でこれを解決するものとします。
  2. 登録者は、アプリ規約上の地位の全部又は一部を第三者に移転することはできません。
  3. アプリ規約は、日本国の法令を準拠法とします。またアプリ規約に関連する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として、これを解決するものとします。

以上

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る