これだけは知ってほしいマイナンバー制度

これだけは知ってほしいマイナンバー制度

マイナンバー対応は最初が肝心。実務は3段階で理解する。

事業者はマイナンバーを取り扱う前に、まず準備が必要になります。そして準備ができた後、マイナンバーを実務で取り扱う段階が3つあります。
最初が個人からマイナンバーを集める「収集」。次にマイナンバーを役所に提出する書類に記入し、保管する「利用と保管」。最後が不要になったマイナンバーを処分する「廃棄」です。
マイナンバーで困らないためにも、取り扱う準備をしっかり行い、実務の3段階それぞれのポイントをおさえてください。

  • マイナンバーを取り扱う準備として、マイナンバーの取扱に関する規程づくりと、従業員の研修が必要。

    事業者がマイナンバーを取り扱うにあたって、まず取扱いを明確化する必要があります。
    マイナンバーを取り扱う担当者の指定や、社内ルールを決定しましょう。
    そして、それを従業員にも理解してもらうために、研修などを行いましょう。マイナンバーの取扱ルールに基づき、マイナンバーを利用する目的や、取り扱う上での注意事項などを説明することが重要です。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る