マイナンバーの廃棄

マイナンバーの廃棄

不要になったマイナンバーは、すみやかに処分。

  • 退職や取引終了など、利用する必要がなくなり、法定保存期間を過ぎたマイナンバーは廃棄しましょう。 電子データの削除(マイナンバーだけを削除し、そのほかのデータは残していても問題ありません)、 書類は復元できないように焼却またはシュレッダーで断裁しましょう。 なお、マイナンバーに関する情報を保存していたパソコンなどを破棄する場合には、 専用のデータ削除ソフトによる削除や、物理的な破壊などを行ってください。
    また、誰がいつ何を廃棄したか、廃棄記録を保存しましょう。

    ※「法定保存期間」の定めがある帳票は、法定保存期間中はマイナンバーも含めて保存する義務があります。 また法定保存期間を過ぎたものは、廃棄の記録を行ったうえで、すみやかに廃棄する必要があります。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
創業・事業承継補助金 電子申請
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る