海外展開

海外展開 早わかりガイド

海外展開を始めるための基本情報が満載!

事例から学ぶチェックポイント

海外展開を開始するにあたっては、まず、海外展開の目的を明確にし、自社の分析等を十分に行うことが重要です。また、海外展開の実施を決めた後も、個別の課題・リスクについて十分に把握する必要があります。

海外展開はじめの一歩

まずはじめに、海外展開を行う前に留意するべきポイントを5つにまとめました。海外展開の考え方と合わせて、リスク事例をご紹介しますので、対応策の検討材料としてぜひご参考にご覧ください。

目的を明確にしましょう
「なぜ」「なんのために」海外展開するのかを明確にすることが、海外展開の第一歩です。
詳しく見る
会社の基礎体力を確認しましょう
海外展開の目的に照らして、国内の人材や売り上げの規模は十分かどうか確認しましょう。
詳しく見る
競争力は十分ですか?
海外において、自社の優位性が確立できるかどうかを見極めることが重要です。
詳しく見る
海外展開までのプロセスを確認しましょう
海外展開を行うためのスケジュールや手続きを把握しましょう。
詳しく見る
海外展開の意義を社内で共有しましょう
個人的な興味や印象ではなく、戦略として海外展開を行うという意義を共有し、全社で協力して海外展開に取り組むことが成功への鍵となります。
詳しく見る

海外展開8つの視点

中小企業が海外展開する際には、国内とは異なる特有の課題・リスクに対応しなければなりません。また、中小企業の海外現地法人が、各国・地域において、多様な課題・リスクに直面した結果、現地からの撤退を選択する事例も存在します。

実際に輸出を行っている企業や海外に進出している現地法人が、課題やリスクとして挙げることの多い、①政治・経済・社会情勢、②法規制、税制、③労務、社内管理、④ビジネスパートナー、⑤マーケティング(販促活動)、⑥人材、⑦資金、⑧知的財産の8つに区分して事例から学ぶチェックポイントをまとめました。

詳しく見る

  • ※「海外展開早わかりガイド」で取り上げているリスク事例については、「海外展開成功のためのリスク事例集」(平成25年6月中小企業海外展開支援関係機関連絡会議)を基にしています。海外展開に取り組んだ日本企業に起こったトラブル・失敗の「概要」及びそれに対する「対応策とポイント」をまとめたものです。
  • ※対応策とポイントは一般的なものであり、当該日本企業が実際に行ったものとは限りません。
  • ※各事例においては、輸出先または進出先の国名について特定の場合を除き「A国」と統一しています。
  • ※リスク事例の記載内容に関して生じた直接的、間接的損害については、一切の責任を負いません。

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
IT導入補助金 電子申請
ものづくり補助金 電子申請 申請内容の確認はこちら
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る