海外展開

海外展開 早わかりガイド

海外展開を始めるための基本情報が満載!

海外展開に向けたセルフチェック

海外展開を始めようとする中小企業の方が、海外展開にあたっての準備状況などを自社でチェックするためのページです。10の質問に答えることで、自社の現状認識や海外展開推進力などを簡単に診断できます。課題の解決に役立つ情報もあわせて提供しています。

10のチェックポイント

自社の状況について、「はい」「いいえ」で回答し、「はい」の数を数えてみましょう。また、各質問ごとに課題の解決に役立つ情報もあわせて提供しています。

Q1. 海外展開の目的は明確ですか? 参考はこちら
Q2. 事業活動の継続的な見直しなど、国内で十分な努力を行ってきましたか? 参考はこちら
Q3. 自社の業務の流れを理解しており、企業のビジョンや経営課題が明確になっていますか? 参考はこちら
Q4. 海外展開の目的にてらして、国内の人材や売上の規模は十分と考えていますか? 参考はこちら
Q5. 海外展開を行うにあたって、資金は国内の営業活動から十分確保できますか? 参考はこちら
Q6. 海外展開業務をまかせられる人材はいますか? 参考はこちら
Q7. 製品・技術・サービスに海外で競争力がありますか? 参考はこちら
Q8. 海外展開しようとしている国・地域の情報収集を行っていますか? 参考はこちら
Q9. 海外展開にあたって、検討すべきポイントや準備の流れ、スケジュールを十分認識し、または実行していますか? 参考はこちら
Q10. 海外展開にあたっては、状況に応じて冷静な判断と臨機応変な対応を行うことに留意し、固い決意を持って全社を挙げて進めることが出来ますか? 参考はこちら

「はい」が0~3個の方

全体として、まだ準備不足の面が見られます。しかし、最初から条件が整っている中小企業はごく少数ですので、悲観する必要はありません。できていなかった項目を中心に自社の課題を認識し、一つ一つ解決して前へ進んでいきましょう。

特に、海外展開においては、国内の人材や売り上げの規模はきわめて重要です。国内事業の資源が十分でない場合、それを海外に振り分けることによって既存事業が手薄になる可能性があり、会社の経営自体にも響きかねません。海外展開を行うか否か、国内事業に与える悪影響という観点から、再度検討する必要がありそうです。

【参考情報】

「はい」が4~5個の方

全体として、まだ準備不足の面が見られます。しかし、最初から条件が整っている中小企業はごく少数ですので、悲観する必要はありません。できていなかった項目を中心に自社の課題を認識し、一つ一つ解決して前へ進んでいきましょう。

【参考情報】

「はい」が6~10個の方

全体として、よく研究され、ある程度準備ができているようです。現在の取り組みを継続すると共に、できていなかった項目についてよく確認しましょう。

なお、海外展開においては、国内の人材や売り上げの規模はきわめて重要です。国内事業の資源が十分でない場合、それを海外に振り分けることによって既存事業が手薄になる可能性があり、会社の経営自体にも響きかねません。海外展開を行うか否か、国内事業に与える悪影響という観点を持ちつつ再度十分検討しましょう。行う場合でも、国内との資源配分に細心の注意を払いながら慎重に進めるようにしましょう。

【参考情報】

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
IT導入補助金 電子申請
創業・事業承継補助金 電子申請
ものづくり補助金 電子申請 申請内容の確認はこちら
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る