海外展開

海外展開 早わかりガイド

海外展開を始めるための基本情報が満載!

さまざまな海外展開方法

海外展開とひとことで言っても、その形態や方法はさまざまです。ここでは、海外展開の形態について、業種別に分けてそのメリット・デメリットをまとめています。また、インターネットを通じた商取引(越境EC)も海外への販路拡大のため有効な手段となり得ます。みなさまの業種や状況などに適した海外展開の実現にお役立てください。

製造業の海外展開

製造業の方はこちらをご覧ください。

取引の形態は?
海外との取引を行う方法として、間接貿易や直接貿易など、さまざまな形態があります。取引形態による違いを見てみましょう。
進出の形態は?
海外へ進出する形態としては、駐在員事務所にするか、支店を持つかなどによる違いがあります。
国内の形態は?
海外展開の際、国内における体制の形態にも違いがありますので、メリット・デメリットを知っておきましょう。

サービス業の海外展開

サービス業の方はこちらをご覧ください。

取引の形態は?
海外との取引を行う方法として、直営やフランチャイズなど、さまざまな形態があります。取引形態による違いを見てみましょう。
進出の形態は?
海外へ進出する形態としては、独立資本にするか、融資を受けるかなどによる違いがあります。
国内の形態は?
海外展開の際、国内における体制の形態にも違いがありますので、メリット・デメリットを知っておきましょう。
  • ※「さまざまな海外展開方法」は、J-Net21(中小企業整備機構)に掲載された情報を基にしています。

海外へのインターネットを通じた商取引(越境EC)

近年、海外の消費者向けにネット通販で商品を販売する「越境EC」が、日本の事業者の販路拡大手段として注目を浴びています。

越境EC展開プロセス

参入の対象国を決定する為の事業環境調査、実際に販売する為のサイト立上、顧客を呼び込むプロモーション実施、商品購入に伴って決済を受付け、商品を配送するというのがビジネスの大きな流れとなります。ここではこの流れに沿って、検討すべき事項や、事業実施方法を説明しています。

詳しくはこちら

効率的・効果的な海外市場情報の集め方(中国編)

越境ECの進出先として注目される国のひとつ「中国」について、以下の進出ステップに合せた具体的な情報例をご紹介します。

詳しくはこちら

越境EC市場の展望

中国等のアジア諸国では、インターネットの普及とともに電子商取引(EC)の市場が急速に拡大しています。近年では、そういった海外EC市場の成長に着目し、国境を越えた電子商取引に取り組む動きが日本の事業者の間でも活発化してきています。 国を越えた電子商取引についてのデータや情報を活用して、ますます広がる越境ECの可能性を経営に活かしましょう。

詳しくはこちら

  • ※「海外へのインターネットを通じた商取引(越境EC)」は、「越境EC応援ポータルサイト」(平成23年度委託事業)の情報を基にしています。
  • ※「海外へのインターネットを通じた商取引(越境EC)」掲載情報は、閲覧者への情報提供のみを目的としたものであり、経済産業省が記載された事業者やそのサービス内容について保証・推奨するものではありません。
【関連情報】
■中小企業の海外展開入門(J-Net21)
詳しくはこちら

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
創業・事業承継補助金 電子申請
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る