地域資源

地域資源早わかりガイド

法律改正により支援措置が拡大される地域資源法について
気になるポイントを紹介!

地域資源とは?

地域資源とは、「その地域ならではのリソース(産業資源)」である、特産品や観光名所を指します。
この概念が広まる契機となったのは、2007年6月施行の「地域資源法(中小企業地域産業資源活用促進法)」でした。 地域資源を活用した新たな商品・サービスを開発することで、取引や雇用を拡大し、地域経済を活性化する。この仕組みは、まず都道府県が地域の産業資源を、

  1. 地域の特産物として相当程度認識されている農林水産物や鉱工業品(野菜、果物、魚、木材 等)
  2. 地域の特産物である鉱工業品の生産に係る技術(鋳物、繊維、漆器、陶磁器 等)
  3. 文化財、自然の風景地、温泉その他の地域の観光資源として相当程度認識されているもの
    (文化財、自然景観、温泉 等)


の3類型の中から、「地域資源」として指定。それを活用した事業計画を中小企業が策定し、国の認可を受けることで、新ビジネス創出のためのさまざまな支援措置が受けられる、というものです。


現在までに指定された地域資源

現在までに指定された地域資源は約14,000。事業者や自治体のアイデアと意欲を刺激し、地域団体商標制度と相まって、新たな「地域ブランド」誕生を後押ししています。

各都道府県の地域資源情報(J-Net21)

ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
IT導入補助金 電子申請
創業・事業承継補助金 電子申請
ものづくり補助金 電子申請 申請内容の確認はこちら
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る