【商工会地域】小規模事業者持続化補助金<一般型>

小規模事業者が直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃金引上げ、インボイス導入等)等に対応するため、経営計画を作成し、それらに基づいて行う販路開拓の取組み等の経費の一部を補助するものです。

基本情報

実施機関 中小企業庁
上限金額 500万円
公募期間 2022年3月29日(火)〜23年2月28日(火)
対象者 企業, 団体
業種 製造業, サービス業, その他, 情報通信業, 卸売・小売業, 飲食業, 建設・不動産業, 運輸業, 宿泊・旅館業
都道府県 全国
対象地域 全国
補足

公募要領公開:2022年3月22日(火)
申請受付開始:2022年3月29日(火)
○申請受付締切:
 第10回:2022年12月 9日(金)[※締切当日消印有効]
  (事業支援計画書(様式4)発行の受付締切 原則2022年12月2日(金))
 第11回:2023年 2月下旬
  (事業支援計画書(様式4)発行の受付締切 原則2023年2月中旬)
 ※予定は変更する場合があります。

 ※本サイトで募集中になっていても募集機関の都合により、予告なく公募を終了することがあります。別途募集機関へお問い合せください。

終了しました
 第8回:2022年6月3日(金)[郵送:締切日当日消印有効]
  (事業支援計画書(様式4)発行の受付締切 原則2022年5月27日(金))
 第9回:2022年 9月20日(火)[郵送:締切日当日消印有効]
  (事業支援計画書(様式4)発行の受付締切 原則2022年9月上旬)

詳細情報

対象者

応募資格:次の要件を満たす企業・団体等とします。
補助対象者
 本補助金の補助対象者は、(1)から(4)に掲げる要件をいずれも満たす日本国内に所在する小規模事業者(個人、又は日本国内に本店を有する法人)等(単独または複数)であることとします。
(1)小規模事業者であること
 「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律」において、業種ごとに従業員数で小規模事業者であるか否かを判断しています。
 商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く):常時使用する従業員の数 5人以下
 サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数 20人以下
 製造業その他:常時使用する従業員の数 20人以下
補助対象者の範囲
補助対象となりうる者
 ○会社および会社に準ずる営利法人
 (株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合、士業法人(弁護士・税理士等))
 ○個人事業主(商工業者であること)
 ○一定の要件を満たした特定非営利活動法人
補助対象にならない者
 ○医師、歯科医師、助産師
 ○系統出荷による収入のみである個人農業者(個人の林業・水産業者についても同様)
 ○協同組合等の組合(企業組合・協業組合を除く)
 ○一般社団法人、公益社団法人
 ○一般財団法人、公益財団法人
 ○医療法人
 ○宗教法人
 ○学校法人
 ○農事組合法人
 ○社会福祉法人
 ○申請時点で開業していない創業予定者(例えば、既に税務署に開業届を提出していても、開業届上の開業日が申請日よりも後の場合は対象外)
 ○任意団体 等
(2)資本金又は出資金が5億円以上の法人に直接又は間接に100%の株式を保有されていないこと(法人のみ)
(3)確定している(申告済みの)直近過去3年分の「各年」又は「各事業年度」の課税所得の年平均額が 15億円を超えていないこと
 上記への該当の有無の確認のため、必要がある場合には、納税証明書等の提出を求めることがあります。
(4)下記2つの事業において、本補助金の受付締切日の前10か月以内に、先行する受付締切回で採択を受けて、補助事業を実施した(している)者でないこと(共同申請の参画事業者の場合も含みます)。
 ①「令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>」
 ②「令和2年度第3次補正予算 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」
補助対象事業
 補助対象となる事業は、次の(1)から(3)に掲げる要件をいずれも満たす事業であることとします。
 複数事業者による共同申請も可能ですが、通常枠のみの申請となり、その場合には(4)の要件も満たす事業であることとします。
(1)策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等のための取組であること。あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。
(2)商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組む事業であること
「商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組む」とは、商工会・商工会議所による事業支援計画書(様式4)の発行及び補助事業実施における助言等の支援を受けながら事業を実施することです。
※事業支援計画書(様式4)を発行するにあたり、令和元年度補正予算・令和3年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>に係る申請書(様式1)に記載の責任を有する代表者に計画書(様式2,3)等の内容について、直接確認させていただく場合がございます。
(3)以下に該当する事業を行うものではないこと
 ○同一内容の事業について、国が助成(国以外の機関が、国から受けた補助金等により実施する場合を含む)する他の制度(補助金、委託費等)と重複する事業
 ※持続化補助金では、同一の補助事業(取組)について、重複して国の他の補助金を受け取ることはできません。他の補助金を受給しているか受給予定の方は、補助金を受け取ることが可能か、必ず、双方の補助金事務局等に、予めご確認ください。
 ○本事業の終了後、概ね1年以内に売上げにつながることが見込まれない事業
 例)機械を導入して試作品開発を行うのみであり、本事業の取組が直接販売の見込みにつながらない、想定されていない事業
 ○事業内容が射幸心をそそるおそれがあること、または公の秩序もしくは善良の風俗を害することとなるおそれがあるもの、公的な支援を行うことが適当でないと認められるもの
 例)マージャン店・パチンコ店・ゲームセンター店等、性風俗関連特殊営業等
(4)共同申請の場合には、連携する全ての小規模事業者等が関与する事業であること。
 ○共同申請の場合、(様式3-2)補助事業計画書の「Ⅰ.補助事業の内容」の「4.共同事業について」欄への記入が必須となります。
 ○申請の前に、あらかじめ、共同実施に関する規約を、連携する全ての小規模事業者等の連名で制定し、その写しを申請時に添付してください。(規約に最低限盛り込むべき項目:①規約の構成員・目的、②全構成員の役割分担、③費用負担の方法、④共同利用する財産の管理方法)。
 ○共同申請により補助事業を実施する場合において、一体的な事業を実施しない場合、補助事業の対象となりません。共同で活用する設備の導入等に関する事業のみが対象となります(機械装置等費のみ補助対象経費となります)。

対象費用

補助率・補助額
〇補助上限:
[通常枠] 50万円 [賃金引上げ枠] 200万円
[卒業枠] 200万円 [後継者支援枠] 200万円
[創業枠] 200 万円 [インボイス枠] 100万円
〇補 助 率:2/3(賃金引上げ枠のうち赤字事業者については3/4)
〇対象経費:機械装置等費、広報費、ウェブサイト関連費、展示会等出展費(オンラインによる展示会・商談会等を含む)、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、設備処分費、委託・外注費
○複数の小規模事業者等が連携して取り組む共同申請の場合は、通常枠のみ申請可能です。また、補助上限額は「1事業者あたりの補助上限額(50万円)×連携小規模事業者等の数」の金額となります(ただし、500万円を上限とします)。
○複数の小規模事業者等が連携して取り組む共同申請の場合は、通常枠のみ申請可能です。また、補助上限額は「1事業者あたりの補助上限額(50万円)×連携小規模事業者等の数」の金額となります(ただし、500万円を上限とします)。

無料LINEで気軽に/
助成金・補助金の診断・相談

LINEで相談する line illust
hand point right

関連する補助金・助成金 Pick Up

緊急事態宣言に伴い発生したキャンセル費用等支援事業【水際措置の強化に伴う追加公募】

新型コロナウイルス感染症がスポーツイベントに対して与える影響は長期化しており,スポーツイベントの主催者は,withコロナ,ポストコロナにおけるスポーツイベント開催のあり方を模索し,コロナ禍においてもこれまでと同等,もしくはそれ以上に収益を生み出す構造への転換を強く迫られています。  このような中で,新型コロナウイルス感染症の拡大により,多数の人が集まる全国規模のスポーツリーグ又は大会(※)...

緊急事態宣言に伴い発生したキャンセル費用等支援事業【水際措置の強化に伴う追加公募】

新型コロナウイルス感染症がスポーツイベントに対して与える影響は長期化しており,スポーツイベントの主催者は,withコロナ,ポストコロナにおけるスポーツイベント開催のあり方を模索し,コロナ禍においてもこれまでと同等,もしくはそれ以上に収益を生み出す構造への転換を強く迫られています。  このような中で,新型コロナウイルス感染症の拡大により,多数の人が集まる全国規模のスポーツリーグ又は大会(※)...

低炭素技術を輸出するための人材育成支援事業費補助金

アジア新興国等の外国人材を対象に、①日本企業が有する省エネ技術の海外移転を通じて本事業対象国の産業分野でのエネルギー利用の効率化・CO2 排出削減を進めるとともに、②カーボンニュートラル実現に必要な先進的技術の普及のためのイベント等を通じて社会実装に向けた現地人材育成・二国間協力強化などの環境整備に取り組むことにより、アジア新興国等と共にカーボンニュートラルを実現していくことを目的とします。

産学連携推進事業費補助金(地域の中核大学の産学融合拠点の整備)

経済産業省では、令和3年度「産学連携推進事業費補助金(地域の中核大学の産学融合拠点の整備)」を以下の要領で広く募集します。本公募では、地域の中核大学等が強みや特色を有する研究分野において、企業やベンチャー、自治体等との連携を強化することによって、イノベーション創出や地域経済活性化を促進することを目的とします。 本事業は、地域の中核大学等が強みや特色を有する研究分野において、企業と大学等...

経済連携協定関連ツール開発実証事業費補助金

RCEP協定等の利用による成長を中堅・中小企業まで波及させるために、民間企業等が行うEPA関連手続きを簡素化するツール開発に係る実証を支援する。