事業承継

データ・事例を調べる

中小企業白書から、あなたの事業承継に役立つデータをピックアップしました。

事業承継を取り巻く状況

少子化が進んでいる現状において、経営者の子ども以外への事業承継を検討することが企業存続のために必要とされる今、「中小企業の事業承継に関するアンケート調査」により、中小企業・小規模事業者の事業承継を取り巻く状況を見ていきます。

経営者の平均引退年齢の推移(規模別・事業承継時期別)

経営者の平均引退年齢の推移を示したものであるが、引退年齢は上昇傾向にあり、経営者の高齢化が進んでいる状況が見て取れる。規模別に見ると、小規模事業者の方が、中規模企業よりも経営者の引退年齢が高い。

経営者の平均引退年齢の推移

今後の事業運営方針(規模別・経営者年齢別)

今後の事業運営方針についても、経営者の年齢が高い企業ほど、「縮小・廃業したい」と回答する割合が高い。特に、小規模事業者では、その傾向が顕著に表れている。

今後の事業運営方針

事業承継のタイミング(事業承継時の現経営者の年齢別)

事業承継時の現経営者の年齢別に、事業承継のタイミングを示したものを見ると「ちょうど良い時期だった」と回答する割合が最も高い年齢層は、40~49歳である。事業承継のタイミングについて、具体的で理解しやすいものを示すため、「ちょうど良い時期だった」と回答する現経営者の承継時の平均年齢を見ると、43.7歳となる。この年齢と、最近5年間の、現経営者の承継時の平均年齢(50.9歳)を比べると、最適な年齢は、実際の年齢よりも約7年早く、また、「もっと早い時期の方が良かった」と回答する現経営者の承継時の平均年齢(50.4歳)でも、実際の平均年齢を下回っており、後継者への事業承継は、総じて遅れているものと推測される。

事業承継のタイミング

事業承継後の業績推移(事業承継時の現経営者年齢別)

現経営者の事業承継時の年齢別に、事業承継後の業績推移を示したものを見ると、全ての年齢層で、「良くなった」と回答する割合が、「悪くなった」と回答する割合を上回っており、事業承継時の現経営者の年齢が若いほど、承継後の業績が向上する傾向が見られる。

事業承継後の業績推移

経営者の交代による地域・社会への影響(規模別)

経営者の世代交代によって、自社の経営に良い影響があったという企業に、地域や社会への影響について聞いたものを見ると、中規模企業の約3分の2、小規模事業者の5割強が、経営者の世代交代によって、地域や社会に良い影響があったと考えていることが分かる。具体的な内容を見ると、中規模企業は、「やりがいのある就業機会の提供」と回答する割合が高く、「事業利益の地域への還元」が続く。他方、小規模事業者は、「やりがいのある就業機会の提供」に次いで、「地域のコミュニティづくりや伝統文化の継承」と回答する割合が高い。

経営者の交代による地域・社会への影響



ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
創業・事業承継補助金 電子申請
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る