事業承継

データ・事例を調べる

中小企業白書から、あなたの事業承継に役立つデータをピックアップしました。

事業承継の準備

後継者に事業を引き継ぐまでに行うべきことは多岐にわたり、経営者自身も、事業継承に関して相応の知識を有することが求められます。経営者が50歳以上の企業について、事業継承の準備や円滑に事業を引き継ぐための取組等を見ていきます。

特に関心のある事業承継の知識(規模別)

事業承継に関して、経営者が特に関心のある知識を示したものを見ると、後継者の養成について、関心を寄せる企業が多い。規模別に見ると、中規模企業の方が、全般的に回答割合が高く、小規模事業者よりも、事業承継をどのように進めるかについて、具体的な関心を持っていると考えられる。

特に関心のある事業承継の知識

事業承継の準備として取り組んでいること(規模別)

事業承継の準備として、具体的にどのようなことに取り組んでいるのかを見てみると、「後継者の資質・能力の向上」を挙げる企業が最も多い。規模別に見ると、小規模事業者は、中規模企業と比べて、準備が遅れていることが分かる。

事業承継の準備として取り組んでいること

後継者を決定する際に重視すること(規模別)

後継者の決定に際して重視することを規模別に見ると、小規模事業者は、「親族であること」、「自社の事業・業界に精通していること」を、中規模企業は、「リーダーシップが優れていること」、「経営に対する意欲が高いこと」を挙げる割合が高く、小規模事業者と中規模企業で、傾向に違いがあることが分かる。

後継者を決定する際に重視すること

後継者に不足している能力等(規模別)

後継者に不足している能力等を見ると、「財務・会計の知識」、「自社の事業・業界への精通」の回答割合が高い。規模別に見て、違いが大きな項目は、「リーダーシップ」と「営業力・交渉力」である。小規模事業者では、経営者自身の実務能力が期待されているのに対し、中規模企業では、役員・従業員を統率して経営を方向付ける能力が、より重視されていることが分かる。

後継者に不足している能力等

後継者に不足している能力等を伸ばすための効果的な取組

経営者に必要な能力等を向上させるために、多くの企業では、自社内で経験を積ませること等によって、後継者を養成することが効果的と考えている。

後継者に不足している能力等を伸ばすための効果的な取組

後継者の養成における障害(規模別)

後継者の養成における障害で示すように、「業務が忙しくて時間が足りない」という企業も見られる。

後継者の養成における障害



ミラサポおすすめコンテンツ

サービスを利用する
補助金など支援情報
無料派遣専門家
地域プラットフォーム
専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
ビジネスを創造する
ビジネス創造コミュニティ
業務「アプリ」マーケット
ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
補助金・助成金ヘッドライン
ビジネス創造ヘッドライン
マイナンバー制度ヘッドライン
バーチャルシリコンバレー
ページトップに戻る