アプリ

業務「アプリ」マーケット

業務に役立つさまざまなツールがみなさまのビジネスを強化します。

経営自己診断(あなたのお店の健康診断)

経営者・個人事業主向けサービス。
(提供;公益財団法人全国生活衛生営業指導センター)

サービスの概要

生活衛生関連の店舗運営に欠かせないポイントを、以下の主要な業種ごとに、(1)経営方針、(2)店舗運営、(3)販売、(4)労務、そして(5)財務を総合的にチェックできます。オンライン上で50項目を回答するだけで、経営者自身の自己採点に基づいた診断アドバイスを受けることが出来ます。

  1. 理容業
  2. 美容業
  3. 興行場営業(映画館、劇場、寄席、スタジオなど)
  4. クリーニング業(取次店あり/なし)
  5. 公衆浴場業
  6. 旅館業(ホテル・旅館、簡易宿所、下宿)
  7. 販売業(氷雪販売業、食肉・食鳥肉販売業)
  8. 飲食業(麺類、すし、喫茶、中華、社交、料理、一般飲食)
  • ※生活衛生営業とは、「生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律」で定められた17業種(サービス業(7業種)、販売業(3業種)、飲食業(7業種))を総称した言葉で、「生活衛生関係営業」または「生衛業」と呼ばれています。
  • ※生衛業の個々の業種は、通常、理容業は理容師法、美容業は美容師法、クリーニング業はクリーニング業法、ホテル・旅館は旅館業法、公衆浴場法や食品衛生法などに基き、主として公衆衛生上の見地から特別の規制を受けている業種です。

  • 利用イメージ

    トップ画面イメージ 
    トップ画面イメージ 
    アドバイス画面
    アドバイス画面
    サポート体制(指導体系)
    サポート体制(指導体系)
    Sマーク
    Sマーク

    サービスの特徴

    1. 実用性
    提供者(公的機関)が独自に調査した全国の生衛業の成功店の事例を基にした実践的で総合的なアドバイスを得ることが出来ます。
    2. 商店街振興への応用
    生衛業には商店街に必須の業種も多く、商店街振興に必要なお店を誘致し、支援するために何が必要なのかを理解することが出来ます。
    3. 専門性
    生衛業にとって、衛生的であることは顧客からの信頼感の源であり、商売の基礎になります。この点、提供者は、衛生指導を本業としており、高い専門性を誇っています。
    4. 提供者の信頼性
    提供者は、生衛業の安全・安心の目印「Sマーク」を厚生労働大臣の認可を受けて「約款」を定め、制度の普及・推進を図る公的機関であり、公衆衛生のプロであって経営・マネジメントにも理解のある希有な存在です。
  • ※生活衛生関係営業の大部分は経営基盤が脆弱な中小企業・小規模零細事業者で、かねてから大企業の進出や業者間の過当競争により経営が不安定に陥り易く、そのため、その衛生水準の維持向上が阻害される傾向にありました。
  • ※昭和50年代にはいると生活衛生関係営業を取り巻く経営環境は、社会経済の構造変化や消費者ニーズの変化などもあり、非常に厳しい状態に至りました。そのため、昭和55年(1980年)に、生衛業の健全な経営の確保を図ることを通じ、生活衛生関係営業の振興、並びに公衆衛生の維持向上を実現するための指導体系の確立と業界の近代化を促進することを目的に、公益財団法人全国生活衛生営業指導センターが設立されています。

  • 利用料金

    無料です。

    ※会員登録をした方は、左メニューからログインするとツールを利用することができます。

    ミラサポおすすめコンテンツ

    サービスを利用する
    補助金など支援情報
    IT導入補助金 電子申請
    創業・事業承継補助金 電子申請
    ものづくり補助金 電子申請 申請内容の確認はこちら
    無料派遣専門家
    地域プラットフォーム
    専門家派遣・電子申請のご利用は、こちらより企業IDをご登録下さい
    ビジネスを創造する
    ビジネス創造コミュニティ
    業務「アプリ」マーケット
    ミラサポビジネスプロジェクト/アワード
    補助金・助成金ヘッドライン
    ビジネス創造ヘッドライン
    マイナンバー制度ヘッドライン
    バーチャルシリコンバレー
    ページトップに戻る