【全国】補助金、助成金、給付金一覧

search

ご指定の条件で
補助金・助成金が
379 見つかりました!

木材関連事業者登録の推進、協議会による普及啓発活動

合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(平成28 年法律第48 号。以下「クリーンウッド法」といいます。)が平成29 年5月20 日に施行され、同年11 月からは、本法に基づき、登録実施機関による木材関連事業者の登録が始まりました。 クリーンウッド法が目指す合法伐採木材等の利用拡大のためには、木材の合法性確認の重要性が認知され、登録木材関連事業者及び合法性が確認された木材の量を増や...

木材製品輸出拡大実行戦略推進事業

2030年に農林水産物・食品の輸出5兆円(うち林産物は、1,660億円)目標の実現に向け、木材輸出を一層促進するためには、「マーケットイン」の発想に基づき付加価値の高い木材製品の輸出拡大を進めることが重要です。 このため、川上から川下まで一定の合意形成の図られている輸出産地の育成や、複数の企業が連携することによる輸出先国の質的・量的ニーズに対応できる体制づくり、日本産木材を利用した木造住宅...

「地域内エコシステム」推進事業

平成24年7月の再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度の運用開始以降、大規模な木質バイオマス発電施設の増加に伴い、燃料材の利用が拡大している一方で、燃料の輸入が増加するとともに、間伐材・林地残材を利用する場合でも、流通・製造コストが嵩むなどの課題が見られるようになったところです。 このため、森林資源をエネルギーとして地域内で持続的に活用するための担い手確保から発電・熱利用に至るまでの「地...

非住宅建築物等木材利用促進事業

本格的な利用期を迎えた森林資源を活かし、林業・木材産業の成長産業化を図るためには、地域材の安定供給体制の構築に加え、新たな木材需要の創出を図ることが重要です。 非住宅建築物における木材利用の促進を図るため、生産性向上等の木材利用の効果の実証等による木の効果を見える化する取組、簡易な構造物等の木造化・木質化促進のための普及に向けた取組を支援するとともに、木造非住宅建築物の整備に取り組む地...

安全な木材製品等流通影響調査・検証事業

 福島第一原子力発電所の周辺地域の大半は森林が占め、地域の基幹産業である林業・木材産業については放射性物質の深刻な影響がみられています。木材からは、製材品や合板等のほか、おが粉、チップや樹皮等が副産物として生産され、堆肥、ボード等のマテリアルでの利用や燃料としての利用がなされており、製品や用途が多岐にわたるため、放射性物質の影響についてもきめ細かな対応を行う必要があります。  放射性物質に...

森林認証材の需要拡大

木材取引において、合法性や持続可能性の担保が求められることが一般的となりつつあり、これに応える森林認証材への期待が高まる中、森林認証材の需要の拡大を図ります。 森林認証材(FM認証・CoC認証)の需要拡大を図るための協議会を設置し、需要者向けイベントの開催(各種イベントへの出展等を含みます。)、または、森林所有者及び素材生産から製品の加工・流通に至るまでの関係者による協議会等を設置し、...

マーケットインによる安定供給体制強化促進

輸入材供給リスクの顕在化に伴い発生した新たな国産材需要へ対応する必要が高まっていますが、林業・木材産業には中小規模の事業者も多く、需要者ニーズに対応したマーケットインによる供給を行うためには木材の流通の各段階において様々な課題があることから、これらの課題の解決に向けた取り組みを行います。 本事業では、マーケットインによる木材の安定供給体制の強化促進を目的として、流通の各段階の関係者(川...

都市の木材利用促進総合対策事業及びCLT・LVL等の建築物への利用環境整備事業

我が国の森林は、人工林を主体に利用期を迎えており、この豊富な森林資源を活かして、林業・木材産業の成長産業化を実現するためには、新たな木材需要の創出が必要です。このため、都市部での木材需要の拡大に向けた建築用木材の利用拡大、CLT・LVL等の建築物への利用環境整備等を進めることが重要です。 建築用木材供給・利用強化対策のうち都市の木材利用促進総合対策事業及びCLT・LVL等の建築物への利...

広葉樹を活用した成長産業化支援対策

きのこ、山菜、木炭等の特用林産物は、その産出額が、年間約2千億円と林業全体の産出額の約5割を占め、山村地域における貴重な収入源となっており、地域の活性化に重要な役割を果たしています。 一方、生産者の高齢化、担い手の不足、原発事故の影響によるきのこ原木の供給不足等の課題に直面しています。 このため、特用林産物の安定的な生産に資することを目的に、事業を実施することとします。 広葉樹を活...

青果物物流業務効率化推進事業

令和4年度持続的生産強化対策事業のうち時代を拓く園芸産地づくり支援のうち青果物物流業務効率化推進事業の事業実施主体を以下のとおり公募します。 なお、本事業は、令和4年度政府予算原案に基づいて行うものであるため、成立後の予算の内容により、事業内容、予算額等の変更があり得ることをあらかじめ御了知の上、御応募ください。

無料LINEで気軽に/
助成金・補助金の診断・相談

LINEで相談する line illust

こんなお悩みはありませんか?

  • 受給できる補助金、助成金が分からない
  • 税理士・社労士はいるけど、
    助成金は申請代行してくれない
  • 申請しても受給できるか不安
  • 自社で申請すると、準備や対応が難しい
こんなお悩みはありませんか?

ミライサポートは、
中小企業の未来づくりをサポートするために、
官公庁や自治体、財団などが発表する
補助金や助成金の情報をお届けしています。
「補助金・助成金の無料診断」や「申請代行の専門家紹介サービス」なども提供しています。

ミライサポートの
申請代行の4つのメリット

情報掲載数の情報掲載数

日本最大級の
情報掲載数

毎月約1,500 ~ 2,000件の新規助成金・補助金情報を更新キーワード検索や、自社の業種で絞り込みなど、さまざまな検索方法をご用意しております。ご自身にあったやり方で簡単に助成金・補助金を検索してみてください。

圧倒的な申請代行実績

圧倒的な
申請代行実績

専門家(在籍、提携)の直近5年間の補助金・助成金受給実績は約15億円。申請に必要なノウハウと専門家ネットワークで高水準の申請成功率で申請代行を行っています。

補助金・助成金に特化した士業専門家

補助金・助成金に
特化した
士業専門家

助成金に詳しい社労士は全国でも10%ほどしかいません。弊社には助成金に特化した社労士がいるため、どの助成金を申請するべきかわからない方はお気軽にお問い合わせください。

手間がかからない

手間が
かからない

行政の独特の書類形式は難しく、情報収集から大量書類の記入は多大な労力がかかります。助成金申請代行を依頼することで、自分で申請するストレスや面倒な準備をプロにすべて任せて、業務に集中することができます。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

Flow
01 無料診断 / お問い合わせ

まずは補助金・助成金の無料診断を受けて「受給資格があるのか、いくら受給できそうか」を診断しましょう。また、お問い合わせフォームからご相談いただくことも可能です。

02 簡易ヒアリング

スマート補助金の専門スタッフが貴社の診断結果の説明と現状のヒアリングを行います。

03 ビデオ会議・ご契約

スマート労務顧問のサービス説明や、貴社が受給可能性ある助成金の説明、料金体系、今後の流れなどを説明させていただきます。サービス内容をご理解頂き、ご希望の場合はご契約いただきます。

04 利用開始

社労士によるカウンセリングのもと、助成金受給に向けて必要な労務体制の整備を行っていきます。通常の労務顧問業務から規定作成、助成金申請代行、補助金・助成金の最新情報の提供などを各種サービスをご利用いただけます。

こんなお悩みはありませんか?

  • 受給できる補助金、助成金が分からない
  • 税理士・社労士はいるけど、
    助成金は申請代行してくれない
  • 申請しても受給できるか不安
  • 自社で申請すると、準備や対応が難しい
こんなお悩みはありませんか?

ミライサポートは、
中小企業の未来づくりをサポートするために、
官公庁や自治体、財団などが発表する
補助金や助成金の情報をお届けしています。
「補助金・助成金の無料診断」や「申請代行の専門家紹介サービス」なども提供しています。

ミライサポートの
申請代行の4つのメリット

情報掲載数の情報掲載数

日本最大級の
情報掲載数

毎月約1,500 ~ 2,000件の新規助成金・補助金情報を更新キーワード検索や、自社の業種で絞り込みなど、さまざまな検索方法をご用意しております。ご自身にあったやり方で簡単に助成金・補助金を検索してみてください。

圧倒的な申請代行実績

圧倒的な
申請代行実績

専門家(在籍、提携)の直近5年間の補助金・助成金受給実績は約15億円。申請に必要なノウハウと専門家ネットワークで高水準の申請成功率で申請代行を行っています。

補助金・助成金に特化した士業専門家

補助金・助成金に
特化した
士業専門家

助成金に詳しい社労士は全国でも10%ほどしかいません。弊社には助成金に特化した社労士がいるため、どの助成金を申請するべきかわからない方はお気軽にお問い合わせください。

手間がかからない

手間が
かからない

行政の独特の書類形式は難しく、情報収集から大量書類の記入は多大な労力がかかります。助成金申請代行を依頼することで、自分で申請するストレスや面倒な準備をプロにすべて任せて、業務に集中することができます。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

Flow
01 無料診断 / お問い合わせ

まずは補助金・助成金の無料診断を受けて「受給資格があるのか、いくら受給できそうか」を診断しましょう。また、お問い合わせフォームからご相談いただくことも可能です。

02 簡易ヒアリング

スマート補助金の専門スタッフが貴社の診断結果の説明と現状のヒアリングを行います。

03 ビデオ会議・ご契約

スマート労務顧問のサービス説明や、貴社が受給可能性ある助成金の説明、料金体系、今後の流れなどを説明させていただきます。サービス内容をご理解頂き、ご希望の場合はご契約いただきます。

04 利用開始

社労士によるカウンセリングのもと、助成金受給に向けて必要な労務体制の整備を行っていきます。通常の労務顧問業務から規定作成、助成金申請代行、補助金・助成金の最新情報の提供などを各種サービスをご利用いただけます。